光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
足を掴んで引き留めてくれた人
自分がどうしてそこに生まれたのか
また、今どうしてそこに住んでいるのか。。
実は、そこには霊的な意味があるのです
つい先日も、そのことを思い知らされる出来事がありました

私が生まれたのは北海道の帯広です
私にはアイヌの前世があり、その地に生まれる必要がありました

過去生を思い出し、カルマ(過去生から持ち越された宿題)を
解消することと、エネルギーワークで
十勝を本来の光の場所に戻すことが目的だったのです

そして、今は札幌に住んでいるのですが
クライアントの方から色々な情報をいただき
これまで、市内の色々な所を解放してきました

その度に、封印されていた龍神や土地神
地底の人たち、シリウスの人たちが自由になっていったのです

そんな、ある日のことでした
私は運動がてら札幌の中心部までウォーキングをしたのです
途中で、とってもネガティブなエネルギーを感じた所がありました
(暑いのに寒い感覚)

場所は観光スポットでも有名な北海道大学植物園。。
明治初期、札幌農学校で教鞭を執っていた
クラーク博士の提案で開設された植物園です

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

北朝鮮がミサイル発射というJアラートが鳴り響いた朝
アメリカの「影の大統領」とも呼ばれたバノン首席戦略官が
解任されたのは、今からちょうど10日ほど前のことでした

その少し前、バノン氏はリベラル系メディアのインタビューで
トランプ政権内の確執を暴露し
さらに、こう発言したと言われています
(CNNより)

「我々は中国と経済戦争中だ
 北朝鮮問題は余興に過ぎない
 軍事的解決などあり得ない、忘れて良い」と。。

そうして、今朝・・(日付が変わったので、昨日ですね)
全国瞬時警報システム(Jアラート)が
けたたましく鳴り響き、私は夫と共に飛び起きたのでした
(関東以北が対象)

北朝鮮がミサイルを発射したから
頑丈な建物や地下に避難するようにというものでしたが
ミサイルに耐えられる建物なんて
一体どこにあるのでしょうか。。(;´A`)

怒りで眠気がすっかり覚めてしまいました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

砂糖をやめてみた
なんか、軽い。。。
身体の奥底に微かに感じていた罪悪感がない。。

そう感じたのは、おかずの味見をした時でした
メニューはナスの味噌炒め。。
甘辛い味噌味が美味しいのですけどね~

ところで、夫は砂糖を取ると身体に異変が起きます
砂糖・・特に白砂糖は闇のものなので
敏感な人はそうなるでしょう
(砂糖の害については色々ネットにも出ています)

なので、昨夜は三温糖の代わりに
(白砂糖じゃないからいいだろうと思っていたが)
ハチミツを入れてみましたよ~

すると、何と言うことでしょう♪
とっても美味しかったのです
今まで、何とも思わなかった砂糖の甘みが
重たくて、いつまでも身体に残る
強烈なエネルギーだと分かりました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

場所は大事です
若い頃からスピリチュアルなことに
興味を持っていた私でしたが
霊能者と呼ばれる人のセッションを
実際に受けるようになったのは6~7年前の頃でした

自宅がサロンの人もいました
マンションの一室を借り
そこをサロンにしている人もいました

そんな中、今でも鮮明に記憶に残っているのは
ファミレスやアメリカの有名なカフェの
チェーン店などで行うセッションでした

席が近いと、どうしても話し声が聞こえてしまいます
セッションでは、魂が・・、天使が・・、ツインソウルが・・
と、いう話になりますので、私は周りを気にしてしまい
あまり集中できなかったのです

霊能者の方も、そこの部分だけ
ちょっぴり小さな声になっていました
私が気にしていたので配慮してくれたのかもしれませんね

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

大空と大地の中で
お盆で帰省していた人たちのUターンラッシュの中
その素敵な出来事は起こりました

関西に向かう飛行機は出発時刻を過ぎても動く気配がなく
一時間を過ぎた頃から機内はピリピリムードになったといいます

その時です
一人の男性がCAさんにマイクを借りたいと申し出たのは。。
・・そう、北海道足寄町出身の歌手・松山千春さんです
報道等で色々流れていたのでご存知の方も多いでしょう

千春さんはこう語ったそうです

『千歳発伊丹行きにご搭乗の皆さん、松山千春です
 もうシートベルトされてから1時間以上も経つ。。
 いらだつでしょう
 ムカつくでしょう
 しかし、安全に飛んでくれることを自分たちは信じていますし
 皆苦労していますから待ちましょう
 「旅は道連れ」ですから、一緒に旅行を終えましょう』と。。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体