光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
臭いものに蓋をするクセ
最近は、いい香りが長持ちする洗剤や柔軟剤が
沢山売られていて、買うのにも迷ってしまいます
北海道の冬は部屋干しになってしまうのですが
部屋の中がいい香りがしてると
何となくいい気分になります

そんなある日、夫がこんなことを言い出しました
洗剤の香りは少々キツイ
化学でつくった香りよりも自然のものの方が良いし
鼻炎の症状が出るのはこの香りのせいもある。。と

そっ・・、そうなの
いい匂いでいい気分になっていた私は驚きました
ならば、あまりにも自分勝手じゃないか
しかし、その鼻炎は他の原因があるのでは?と
中々認めることができなかったのでした

それから、しばらくの間、言い合いっこになり
結局、私がそうまでして臭いに拘るのは
過去世に関係しているせいだと分かったのでした
夫と私は過去世で同じ国で暮らしたことは殆どありません
おおまかに言うなら、夫はアジアで
私はヨーロッパという感じでしょうか

・・さて、時は中世
ヨーロッパのトイレ事情は皆さんもご存知の通りです
“中世ヨーロッパの匂いは〇〇〇の臭い”と比喩されるほど
当時の人々は、自分たちの排泄物に対して
「始末」が悪かったといいます

ヨーロッパでハーブや香料が発達した背景には
そうした「臭い」を解消する目的もあったことは確かでしょう

なので、フランスやイギリスなどの過去世を多く持つ私は
そういう魂のクセみたいなものを持っているのだろうと思います
もちろん、自然なアロマの香りは大好きです
ですが、気に入った洗剤や柔軟剤の臭いだって好きなのです
臭いよりも、数段いいじゃないか。。と思ってしまうのです

出張などでしばらく家を留守にしていると
締め切っていた家の独特な臭いがありますが
玄関に芳香剤(可愛いお花の)を置いておくと大丈夫!
と、なるわけです

これに対し、夫は、アジアの国々で
確固たる意志と意図を持った修行僧や巡礼者だったため
どちらかと言うと、自然派です
ありのままを否定しない人なのです
締め切った家の臭いも窓を開けて換気をすれば問題ないし
例えば、汗の臭いを柔軟剤の臭いで
何とかすることなどに趣を置きません
(だからと言って臭いわけではありません

この様に、過去世で経験して魂に刻まれたものは
人それぞれに、色々あると思います
(良いも悪いも含め)
今世、そのことが分かったら手放すこともできますし
これが自分のルーツだったのだと安堵することもできるでしょう
知ることは、面白いことなのです

その日の言い合いっこは、こんな感じで
だったらしょうがないね~となり
それぞれが我慢しないように
折り合いをつける形で幕となったのでした

相手のことや自分のことを
より理解する良い機会となりました
よかったよかった

ではでは
みなさまの心が愛に溢れ幸せでありますように
そして地球が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
太陽神ラーの許しと浄化
あこがれだったネイティブの長(オサ)と再会した日
天使のラッパ(魂の伴侶との出会い)

トイレ事情

★ 対面セッション募集中!
★ 遠隔セッション募集中!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体