光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
愛の反対
来年の干支は申(さる)だったのですね
先日、手帳を買いに行ったとき
表紙のおサルの絵が可愛くて、何も考えずに買いました
家に帰ってよく見てみると、裏側にも3匹のおサルが。。
・・そう、皆がよく知っている
「見ざる言わざる聞かざる」のおサルたちでした
このおサルたち、三猿とも言われています

いやぁ~何でだろう、まったく意識しなかったワタシ
1匹1匹はとても可愛いのだけれど
3匹揃っているのを見たとき
何で買ってしまったのだろうと後悔したのでした

それで、少し調べてみました
三猿とは「見ざる、聞かざる、言わざる」という叡智の
3つの秘密を示しているということでした

日本では日光東照宮のサルたちがお馴染みですが
同じ様な3匹のサルの像もまた世界に存在していて
これによく似た表現は世界各地にあるのだそうです
日本発祥ではなかったのですね~
三猿の解釈も、国や文化、宗教によって微妙に違うようです
論語に説かれていたり
インドの神話に登場していたり
信仰や偉人の主義にも取り入れられてきたのです

東アジアから東南アジア、南アジアを経て、アフリカ
ヨーロッパ、アメリカにまで広がっている様は
シュメールに端に発し、地球を暗闇に封じていくために
繰り広げられたアヌンナキという宇宙人集団の
大きな意図を感じるのでした

ことわざ辞典によれば「見ざる聞かざる言わざる」とは
とかく人間は、自分にとって都合の悪いことや相手の欠点を
見たり聞いたり言ったりしがちだけれど
それらはしないほうがよいという戒めの意味を持っていました

これを読むと、まぁそうなのかな~とは
思わなくもない。。。。
ですが、私がこの「三猿」を聞いて最初に感じたことは
『無関心』でした

物事に関心や興味を示さないことを言いますが
これは、共感や感動をしないということで
つまり、心を遣わないことを言うのだと感じたのです

人が心を遣わなくなるように
色々な切り口から地球規模で浸透させていったのか。。
そんな風に感じました

アヌンナキは地球にとって
純粋な闇の役割を果たしてくれた宇宙人です
夫と共にエネルギーワークをしていて
これまで何度か対峙する機会もありました
本当にびっくりするような地位にいる人や組織などの背後にいて
彼らの仕事をこなしていました
(詳細についてはまた別の機会にご紹介したいと思います)

ですが、もうそんな時代も終焉を迎えようとしています
せっかく買った手帳ですが
これも何かのサインだったと思います

何か可愛い手帳が見つかるように
ブルーちゃん(私の守護天使)にお願いしたのでした

ではでは
みなさまの心が愛に溢れ幸せでありますように
そして地球が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
日本という龍
今ごろドロちゃんは何してる?(星の罪人)
感覚を誤作動させる罠

スェーデンの三猿
         ~スウェーデンの三猿~

★ 対面セッション募集中!
★ 遠隔セッション募集中!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体