光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
文字を持つことの意味
つい先日、ひょんなことから
最初に地球に文字をもたらした宇宙人について
思いを巡らせる機会がありました
人間は文字を使うようになってどうなっていったのか
逆に、文字が宇宙からもたらされた理由は何なのか。。
(何だかとりとめのないお話ですがお付き合いください)

ところで。。気が遠くなるほどの大昔
地球でも、すべてが通じ合う世界があったといいます
相手の思っていることも
自分が思っていることも
言葉や文字、表情、身振りなどを使わなくても
他者の心に伝達できる世界です

もちろん、そこには嘘や誤魔化しはありません
そのまま、ありのまま、100パーセントが真実です
闇がない、イコール、光の時代のお話です

私たち人間にもテレパシーという能力があったのでしょう
いつの頃から、3次元の世界(物質世界)になり
それに伴なって、人の心や能力
そして、地球の環境が闇に覆われるようになったのです
太陽に手をかざせば、影ができるように
人の心に偽りがあれば、魂を曇らせ
それが闇へと覆われていきます

そうなると、テレパシーが使えるわけもなく
文字を使わざるを得なくなっていったのでしょう
ちょうど時を合わせるように
地球を物質世界に留める目的を持った宇宙人が
文字をもたらしたのだとも思います

文字は何かと便利です
手紙という形で相手に気持ちを伝えることができますし
世の中で起こっている出来事を新聞や雑誌
はたまた、SNSという形で
数多くの人々に知らせることができます

また、人や社会の取り決めを契約という形で縛り
古い書物は過去の歴史を紐解く証拠になるのです

けれども、そこに書かれていることが
すべて真実か?という疑問も出てきます
(古事記や日本書紀などが良い例です)

文字は、時に、真実を隠し
また、まったく違うものに変えてしまうこともできる。。
そういう危うさも持っているのです

記事でも書いてきましたが私は古代アイルランドで
ドルイドだった過去生を持っています
ドルイドはケルト民族の中で自然信仰を行った神官です
仕事は多岐に渡っていて、自然学者であり
天文学者であり、魔術師であり、医者でもありました
彼らは文字を使いませんでした
自分たちの奥儀を後々まで守り抜くためです
文字で残すことの危うさを知っていたからこそ
使わなかったのです

テレパシーを使う世界とは一体どういうものか。。
おそらくエゴや分け隔ての無い
素敵な光の世界なのでしょう

地球もいづれそうなるのでしょうか。。
そんな世界をやっぱり私は待ち望んでいるのでした

ではでは
みなさまの心が愛に溢れ幸せでありますように
そして地球が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
純粋さこそが光
分け隔てという闇・差別と偏見
隠せない時代

光と愛と感謝 あたたかなヒーリング

★ 対面セッション募集中!
★ 遠隔セッション募集中!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体