光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
不吉だけれど神秘的なカラスちゃん
晩秋深い円山の森は紅葉の終わった葉っぱが落ちて
一面がきれいな絨毯の様になっています
今朝は珍しくキタキツネが歩いていました
それから、エサやりの人たちも沢山いました

でもね~~
あるエサやりの男性(自転車に乗ってきている常連さん)が
キツネやリスには喜んであげているのですが
それに伴って集まって来るカラスたちを
まるで仇のように本気で追い払っているのです

私もカラスはあまり得意ではありませんが
なんだか気の毒になってしまうほどでした

その見栄えなのか、生態なのか
はたまた、頭が良すぎる所が気に入られないのか。。
カラスは人に忌み嫌われているのです
夫のイベントに来てくださっている方が
こんなことを言っていたのを思い出しました
『カラスはエネルギーを吸い取って大元に運ぶ役割を持っている』
この場合の大元とは光の存在ではないことは言うまでもありません

確かに、死期が近い人(者)の所に集まるとか
カラスが鳴いたら人が死ぬとか、魔女のお使いとか
不吉な魔物のイメージを連想させます

どこか神秘的なのだけれど
そのイメージをマイナスに捉えたゆえのことなのでしょう
同様に、黒猫もそうです

実際、カラスは集団行動を取り
かなり知能も高いと言われています
また、何でも食べるためにゴミを荒らすなど
害鳥のレッテルも貼られています
(人間の始末が悪いせいでもあるのに。。)

ところで、昔、日本では一般的な喪服が
白だったということをご存知でしょうか?
かつての日本で黒は死のイメージではなかったのです

いつしか西洋文化や宗教の影響で
カラスの全身真っ黒な姿が死を連想させ
不吉だからということでそうなったということです

まっ、「光と闇」という概念から、黒イコール闇となるのも分かります
ですが、カラスも大事な地球の住人には違いありません
リスやキツネにエサをあげている人間のエゴよりも
カラスの方がよっぽど純粋なのでは?と思いました

自然の生きものたちの領域に人間が入り込み過ぎていることを
もう少し自覚したいものです

エサやりの人の傍を通り過ぎる時
私の傍にいた大国主命や龍神の姿をしていた神さまたちは
シャッとどこかに消えてしまうのでした
(また、すぐに現われますが。。)
エゴはやっぱりイヤなのでしょう
最強の闇だと思うのでした

ではでは
みなさまの心が愛に溢れ幸せでありますように
そして地球が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
精霊ちゃんたちのウェーブ
ごめんねウッチー・地球からの警告
切り株にいた守り人

光と愛の感謝日記 

★ 対面セッション募集中!
★ 遠隔セッション募集中!
★ 2015年11月神戸出張対面セッション募集のご案内!
★ 2015年11月葉山出張対面セッション募集のご案内!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体