光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
神域を守るもの・五色の神
これまで私は色々な龍神の姿を見てきました
九州の山にいた火(火山等)を司る赤茶色の龍神
龍脈を司る黒い龍神
湧き水や大木に宿る黒龍のツインの白い龍神
日本の大切な光のポイントに良くも悪くも
何らかの意図を持って存在する青い龍神。。
その他、地球レベルでの役割を持った
金、銀、五色(白・黒・赤・青・黄)の龍神など
本当に様々な姿・形をしていました

中でも今回の記事に関係する青龍は
元々日本にいたわけではありません
ユーラシア大陸の北東部を流れるアムール川が故郷です
そして青龍を日本にもたらしたのは
山丹人(さんたんじん)だと分かりました

山丹人についての詳しい資料は残っていないようですが
青龍に関わるエネルギーワークで必ずと言っていいほど
独特の衣装を身にまとい
とんがり帽子をかぶって姿を現わすのでした 
その中で分かってきたことですが。。
彼らは遠い昔、アムール川の流域から樺太を経由して
北海道に入ってきました

原住民のアイヌの人々との交流は
数少ない資料にあるような
善いことばかりではありませんでした
何故なら彼らには日本を封じる役割があったからです
最終的に彼らは、北海道に逃れてきた
大国主命を封印したのです

その時同時に、神域を守る神も円山の岩に
山丹人が崇める女神さまを使って封印したのだと
今回の一連の出来事を通じて感じました

こんな感じで札幌の円山の森では大国主命にまつわる
過去の出来事の真実に触れることができているのです
私が一土地神だと思っていたボム神
(札幌の円山の岩に宿っていたずんくりした土地神)が
実は土地神の中の王とも呼ばれる神だったとは
本当にびっくりします

ところで、土地神とはどんな神さまなのか
調べてみると、こう書かれています
「大地の神であり,村落の守護神のこと
 また、穀物や豊饒の神でもあり
 人々に繁栄をもたらす。。
 岩、山、川、森、洞窟、海など
 自然界のあらゆる場所に宿る」

この説明の人々に繁栄をもたらす。。云々のくだりは
少々???ですが、自然の中に宿っているというのは
間違いないと思います
私も、巡礼の旅では深い森や山などで
その姿を幾度も見ています

遠い昔の光の時代では日本には
五つのコミュニティがありました
神域を守るもの・五色の神が
その境目を守っていたのです
その配下にある土地神たちは
やはりそれに準じる役割があるのだと思います

自然は地球の魂だと言います
3次元の肉体を持つ人間と自然の境目を
善い意味で守るのが彼らなのだと思うのです
私たちにとって、なくてはならない大切な存在だと
思うのでした

ではでは
みなさまの心が愛に溢れ幸せでありますように
そして地球が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

青龍の役割については、また、別の機会に。。。

<過去関連記事>
土地神の王・解放
楽しい散歩(光の存在たち)
地球の気持ち
日本という龍

光と愛の感謝日記 

★ 対面セッション募集中!
★ 2015年10月北九州出張対面セッション募集のご案内!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体