光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
自分を大切にした人・ウソはついてはいけない
現代のベートーベンとして一躍脚光を浴びた
佐村河内守さんのウソ。。いわゆるゴーストライター事件が
発覚したのは昨年2月のことでした

実際に作曲をしていたのは新垣隆さんという方ですが
先日、新垣氏がテレビの対談番組に出演し
ピアノを演奏していました
私は、当時のことを色々思い出しました
少々古いお話ですがお付き合いください

18年もの間、佐村河内守のゴーストライターを務めた新垣氏。。
自分がゴーストだったと公表後の記者会見を見て
私は彼の人柄というか内面にあるものというか
そういうものの中に、不器用さと実直さを感じたのです

ソチ五輪に出場する高橋大輔さんの
伴奏曲になるというタイミングで公表されたわけですが
それがきっかけになったのでしょう
その時の新垣氏の心情は、「もうウソはつきたくない」
これに尽きるのではないのでしょうか
ウソをつき続けることの苦しさと罪悪感は
自分自身を激しく傷つけるものです

選択肢はそのままゴーストライターを続けるか
それとも辞めるか。。という二つに一つだったと思います

結局、新垣氏は自分を尊重すること・光を選びました
その後の音楽家としての活動が絶たれる可能性もあったでしょう
なので、とても勇気が要る選択だったと思います

けれども、今、新垣氏は音楽家として活動しています
自分の過ちを認め、正直に公表し、再びやり直す。。。
光を選んだ人を、天も宇宙も応援しないはずはありません

精神世界では自分を慈しみ尊重することが
大切だと言われています
ですが、それは周囲の理解を得にくいことも事実なのです
日本には、自己犠牲が美学とする価値観が
残っているせいもあると思います

自分のことは我慢して、後まわしにするのが当たり前。。
そして、誰かのことを優先させる生き方は
大きなストレスを与え、いづれ身体のどこかに不調が表れることは
言うまでもありません

・・・そして、もうひとつ
あの時、この問題を受けて、高橋選手が言った
『作った人が誰であろうと、どういう形だろうと
 素晴らしい曲に変わりはない』というコメントに
私は思わず、あっ晴れ!と思ったのです

どうであれ、何であれ
素晴らしいものは素晴らしいという揺るぎない価値観は
大切だと感じたからです
聴覚障がいを持った人が作曲したから素晴らしいのではないのです
その真意は、所属している組織や看板
はたまた地位という肩書に惑わされることなく
純粋に中身を見ることができているという部分が
『あっ晴れ!』なのです

新垣氏の対談番組では
新垣氏のお母さんのお手紙が紹介されていました
高齢になった自分たち(新垣氏の両親)の近くに越してきて
自分たちと家のことの面倒を見てくれていることに
感謝を寄せていることが綴られていました
なんだか、ご家族の優しさが溢れていると感動しました

誰のためでもない
自分自身のために
嘘はついてはいけないのだと思うのでした

ではでは
みなさまの心が愛に溢れ幸せでありますように
そして地球が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
たったひとつの真実・夜明け前
隠せない時代
蒼暗い地球

嘘はいけない

★ 対面セッション募集中!
★ 2015年10月葉山出張対面セッション募集のご案内!
★ 2015年10月北九州出張対面セッション募集のご案内!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体