光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
夜の暗闇
私の中学時代の親友が、とにかく自分の家が好きで
家族が大好きだと言っていました
自分に無いものを持っている彼女が本当に羨まく思ったものです

「愛は家庭から始まります
 愛は家庭の中に生きるのです
 なぜ今日の世界には、あまりの多くの苦しみや
 あまりに多くの不幸があるのでしょうか
 もし、私たちが、互いに愛し合い
 愛を私たちの生活に取り戻したいのなら
 まず家庭から始めなければなりません」

これはマザーテレサが生前に
家庭というものについて語られた言葉です

自分の育った家庭環境や
その後、結婚し、自分がつくった家庭環境を顧みると
マザーテレサが示した“愛”を育むことができたかどうか
ちょっぴり胸が痛みます

今、子供たちの不幸な事件や事故を目にするたびに
私たち大人の責任を強く感じずにはいられません
どうして彼らは夜に出かけるのか。。
その時、家族はどうしているのか。。。
自分と照らし合わせ色々と考えさせられます

親の立場で言えば
注意しても、どうにもならない
自分が中高生の頃は実際に外出していたけれど
それでも、特に問題はなかった
子どもと向き合う時間がない、或いは面倒
自分も出かける(趣味や飲み会)
夜勤等、仕事の都合で不在。。。

一方、子どもの方はどうでしょう
自分なりに安全だと判断している
皆と一緒だから断れない
家にいたくない
昼とは違った解放感がある。。。
多分、夜の外出は、自由を得たような気分になるのでしょう
「何かからの自由を求めるような感覚」は理解できます

けれども、私の親友は家と家族が大好きだった
だから、家にいたかった
だから、家にいるのは普通で当たり前だった
これだけでした

今、世の中は、様々な理由から親が離婚する家庭も増え
経済的に厳しく、残業や夜勤など
父親、母親の負担は昔より遥かに重くなっています
実家に頼ることも難しい家庭も多いでしょう
両親がいなかったり、兄弟がいなかったり
子どもたちにとっては寂しい環境に違いありません

また、大人たちのエゴに基づく行為が
純粋な子どもたちを傷つけているのも事実です
これが、さらに問題を大きくしていると思います

夜の暗闇は、すべての闇を隠し、広がっています
そこは、想像以上のネガティブな存在の世界でもあるのです
昼間は小さくても、夜になると拡大し光を覆い、包み込みます
弱い人間が何かに支配され、より凶暴になることも
当たり前にあります

だからこそ人間は夜には眠るようにつくられているのです
陽が昇ったら、目覚めて、活動して
陽が沈んだら眠るようになっているのです
息を吸ったら吐くのと同じように自然なことだと思います

夜は寝るためにある。。
だから、夜になったら寝る。。。
これに尽きます

当たり前すぎて、笑われるかもしれませんが
この事を子供たちにやさしく教えてあげたいです
家がイヤでも、気に入らなくても
夜は寝なくてはいけないと言いたいです

本当は、できることなら、大人も夜勤は避けた方がいいのです
そうはいかない現実があることも重々分かった上です
病院(介護)その他にお勤めの方々には感謝もしております
ご不快に思われた方にはお詫びします

ただ、例え、親が夜に家にいることができなくても
家庭の中に愛を育てていたら
子どもはその愛を感じながら育つので
大切なものを見失うことはありません
見失ってはいけない大切なものとは“自分自身”です

イヤな事にはイヤだと言える自分
行きたくない所には行きたいくないと言える自分
すべて、自分のために、自分を守るためです

愛を育てることというのは、自分を愛することから始まります
自分を大切にする心を教えることが
愛を育てることになるのでしょう
それは、何がこうだからとか理屈ではありません
お父さんやお母さんご自身が、自分のことを愛し大切にする
その姿をお子さんに見せることで成されるのだと思います
きれいごとでも、まぼろしでもありません

自分を愛し大切にできる人は
相手のこともまた愛し大切にできるということで
そのように、お互いに思いやれる人間関係が
最終的に、温かな家庭をつくることになると思うのです

どうであれ、子どもと向き合うことをやめてしまうのは
最も愛のない振る舞いです
どんなに疲れていても、確固たる自信と愛をもって
良くないことは「良くない」と伝えた方が良いのです
心からの声は必ず伝わるものだと私は思います
その時は受け入れられなくても、いつかは思い出して
修正してくれるのだと思うのです

かなり勇気の要ることですが、自分の子、よそ様の子と分けず
気になったら声をかけることが大切なのだと思います
私もこの際、口うるさいお節介な
近所のおばちゃんになろうと思うのでした

ではでは
皆さま、お一人お一人の心の痛みが癒されますように
そして、若い純粋な魂が光のもとへ導かれますように

最後まで読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
死んではいけない殺してはいけない
自分の中の光
白いカーネーション
芽吹く春がもうすぐ来る♪(精霊たちの声)

夜の暗闇

★ 対面セッション募集中!
★ 2015年9月神戸出張対面セッション募集のご案内!
★ メールセッション募集中!
★ あたたかなヒーリング募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体