光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
「皆に問う」~アメリカ・インディアンからのメッセージ~
ある日の夜のことです
亡くなったアメリカ・インディアンの人たちの
魂がやってきました

暖房が行き届いた部屋なのに
夫の足が冷たくなり、そこだけ冷気に包まれたのです
(これが亡くなった人のサインだということは
過去の経験から分かっていました)

光を下ろし、その後、私が見た光景は
多くのインディアンの人たちの姿でした
多分、色々な部族の人たちだと思います
その人たちが夫と私を取り囲み
その中の長(オサ)のような人物がこう言いました

『皆に問う
 誰が誇りを打ち砕いていいものか』と。。
そして、自分たちがどう生きて、どう死んでいったか
ひとつひとつを拾って欲しい
それを感じ、意図し、上にあげて欲しいと。。

インディアンの歴史は実に悲惨なものです
白人が、彼らの土地を略奪し
騎兵隊によって老人や女性、子供たちもが惨殺され
さらに文化に至るまで抹殺しようとしました

インディアン戦争の詳細を調べてみると
あまりにも酷いです
過去世でインディアンと関わりを
持っているせいもあると思いますが
私は、怒りで奮え、涙が出ました

私たち人間は、すべての人が等しく持っているものがあります
その人が一番大切にして来た誇りや信条、生き方、生き様は
尊く、気高く、犯しがたいものです
これらは、誰にも奪うことも壊すこともできるものではありません

このインディアンの長(オサ)は
それを言いたかったのだと思います

オサの要望通り、一つ一つの戦いに思いを馳せ
夫が再び光を下ろし、還るべき所に還ってもらいました
そして、最後に、光を背に馬に乗ったインディアンの若者が
満足げに私たちを見て、昇っていく所を見たのでした

・・よかった
けれども、複雑でした
そこには、アメリカの抱える深い闇があったからです
地球規模で大きく捉えたとき
アメリカが果たした役割を考えずにはいられません

大変だったけれど有意義だった
ある日の夜の出来事なのでした

ではでは
皆さまの心が穏やかで幸せでありますように
そして、地球とともにインディアンの魂が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
あこがれだったネイティブの長(オサ)と再会した日
ネイティブの魂(セドナ)
傲慢というエゴの行きつく先

光と愛の感謝日記 

★ エンジェルライトセラピー対面セッション募集中!
★ 2015年3月神戸出張対面セッション募集のご案内!
★ エンジェルライトセラピーメールセッション募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体