光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
絶望という暗闇
先が真っ暗で、何も見えず望みが絶たれ状況は
本当に本当に辛くて、困難で、生きることさえ
あきらめてしまうこともあるかもしれません
絶望という闇はそれほど暗く深いものです

私にもそんな時がありました
最初の夫が(もう亡くなりましたが)
35才という若さで、くも膜下出血を発症し
医師から「たとえ命を取りとめたとしても
呼吸や循環などの機能だけを残して
生存し続ける状態になるだろう」と言われた時は
私はまさに希望を失いました
幼い子供二人を抱え、将来の希望を失い
途方に暮れたのです

けれども、今、私はこうして生きています
(母親には「アンタは強いんだ!」と未だに言われます
今、世界で起こっている現実に目を向ければ
もっともっと困難な状況の中に身を置いている人が沢山います
(私の体験など大したことではありません)
病気、貧困、戦争、格差などが生み出す闇は
想像を超えて人々を苦しめています

そんな中で・・・命を落とす人は多いけれど
生き抜いている人も沢山います

遠い世界で起こっていることは
決して対岸の火事ではありません
いつでも身近な問題になり得るのが今の世の中だと
知っておく必要があると思います

“どれほど困難か”というのは人によって異なりますが
どの人の心の中にも、その人に似合った
乗り越えていく強さがあると思うのです
どんなに辛くて苦しくて悲しくて明日が見えなくても
受け止める力と、生きる力が備わっているのだと思います

その強さは光を灯します
たとえ、小さくてわずかであったとしても
暗闇の中に灯された光は出口へ向かう道しるべになります
それまで、何とか踏ん張って欲しいのです

人は弱いです
でも、魂は強いのです
自分の魂の強さを信じて欲しいのです
弱さをもたらすものがあるとするなら
頭の中で考えてつくり出される不安や恐れという闇です

そして、生きてさえいれば・・と、思います
生きてさえいたら、いつか、必ず乗り越えられる日がくると
命があるのなら、この世に絶望などというものは決してないと
私は信じているのでした

ではでは
最後まで読んでくださりありがとうございます

遠い異国で命をなくした人の魂と
残されたご家族の心が癒されますように

そして、私たちが憎しみの連鎖を避ける勇気が持てますように

<過去関連記事>
聖フランシスコの平和を願う祈り
許すこと・愛すること(マザーテレサの日記から)
自由と平等と・・・

光と愛の感謝日記 絶望という暗闇 長倉洋海さんの写真から

★ エンジェルライトセラピー対面セッション募集中!
★ エンジェルライトセラピーメールセッション募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体