光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
私たち大人の役割・長崎にて
「のどが乾いてたまりませんでした 
 水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました
 どうしても水が欲しくて
 とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」

ご存知の方も多いと思いますが
これは、被爆し水を求めてさまよった9才の少女の手記です
長崎平和公園にある平和の泉に刻まれているものです

これを読んだとき、私は涙が出ました
この少女に限らず原爆のために
身体の中まで焼けただれた被爆者たちは
水を求めながら亡くなっていったといいます
その痛ましさで、私は心が押しつぶされそうになりました
つい先日、巡礼の旅の一環で長崎を訪れ
原爆で亡くなった方たちのために祈りを捧げたくて
平和公園を訪ねた時のお話です

実際に行ってみて、慰霊が特に必要だと感じたのは
その隣りの敷地にある「原爆落下中心地公園」でした
あまり人はおらず、清掃員の方々が落ち葉を集めていました
夫が光を下ろし慰霊の祈りを捧げました
・・しばらくして数多くの魂が光の粒となり
上に昇っていく姿が見えました
(手を貸してくれた沢山の高次の存在たちに感謝です)

慰霊が終わり平和公園へと歩いていきました
平和公園は修学旅行生や観光客で溢れています
外国からの旅行者も多くいました

公園の北側には平和祈念像があります
よくテレビなどで映し出されるので
一度は皆、目にしたことがあると思います

そんな中で、気になったのが
誰一人手を合わせる人がいないことでした
ガイドの人たちも一通りの説明はしているようでしたが
それが終わると記念撮影になってしまうのです
(手を合わせないだけで、心の中ででも
 お祈りしてくれていたならいいのですが・・)

・・・なんでだろう
この様な所に来て、戦争は繰り返さない
世界平和・・といったことをあらためて誓うことは大切です
ですが、亡くなった方々に対し、祈りを捧げることも
忘れてはいけないことではないのかなと思うのです
(沖縄平和記念公園を訪れた時も
 同じように感じたことを思い出しました)

平和の泉のちょうど正面には平和記念像が見えるのですが
写真を撮るには良い場所なのでしょう
少女の手記が彫られた御影石に手をかけ
ピースをしながら笑顔で写真を撮っている
初老の日本人のご夫婦に
私は、どうして?と問いかけたい衝動にかられました

あまりにも何かが欠けているように感じてしまったのです
怒りさえ湧き上がってきてしまいました
(いけない、いけない・・怒ってはいけません)

日常から離れ、旅行を楽しむことはもちろん良いことです
ですが、それ以上に大切なことがあるように思うのです
記念写真を撮ることが目的ではなくて
訪ねた先で、色々な事を心を遣って感じることこそ
よい経験になるのだと思うのです

私たち大人の役割りは、子供たちの命を守り
命の尊さを教え、平安な世界を創ることです
そのためにも、国籍、宗教、肌の色に関係なく
すべてのものを分かち合う幸せを
決して忘れてはいけないのだと思います

争いのない平和な世界を創るために何ができるのかを
自分自身に問いかけていきたいと思うのでした

ではでは
皆さまの心が豊かで幸せでありますように
そして、遠い異国で亡くなった子供たちの魂が癒されますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
輝く勇気(マザーテレサの日記から)
写真も大事ですが・・
龍の魂(東京オリンピック決定)

光と愛の感謝日記 私たち大人の役割・長崎にて

★ エンジェルライトセラピー対面セッション募集中!
★ エンジェルライトセラピーメールセッション募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体