光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
名前は大事か??
見えない世界に存在している者との
コミュニケーションをとる方法のひとつに
“チャネリング”があります

チャネリングとは、例えるなら
見たいテレビ番組にリモコンのチャンネルを
合わせるという感覚でしょうか

セッションで、クライアントの方の中には
私がチャネリングしてお伝えしたメッセージについて
「そのメッセージは誰からですか?」と
名前を質問される方が多くいらっしゃいます

エネルギーで分かったり
質問して応えてくれる場合は良いのですが
中には「聞いてどうする」という存在もいるので困ります
・・この様な経験から分かってきたことは
名前はあまり重要ではないということです

誰もが知っているマスターや大天使が
自分を守ってくれたり、メッセージをくれたとなると
よりリアルで、嬉しさもありがたさも増すでしょう

ですが、“誰”という名前は、さほど問題ではなくて
あくまでも内容・中身が大切だということです

“木を見て森を見ず”という諺があるように
名前に捉われてしまうのは
枝葉に意識を向けることと同じだと感じているのです
さほど重要なことでもないことを気にして
幹(本質)から遠ざかってしまう感じでしょうか・・ 

また、その時のチャネラーの波動によっても
繋がる先が異なる場合もあると
知っておく必要があるようにも思います

例えば、その存在が「ミカエル」と答えたからといって
真の光の大天使ミカエルとは限りません
(このことは私はある人物を通して経験しました)
どこかの誰かが「ミカエル」と名乗って
答えている場合もあるということです

それほど、自分の波動と思い込みは
見えない世界を捉える時に
大きな影響を及ぼすものだと思います

大切なことは、チャネリングを行う側は
ただただ自分の光を信じ、信じ切り、波動の高い自分でいること。。
チャネリングした先が答えた名前が真実なのではなく
波動の高い自分の中の光が真実なのだと思います

受け取る側は、受け取ったメッセージの内容を
腑に落とすことができるかどうか
そして、そこに愛があるかどうか。。と、いうことを
チャネラーや名前に惑わされることなく
感じることができる自分であることだと思います 

もちろん、名前が必要な場合もあります
必要な時は高次の存在が必ず明らかになるようにしてくれます
その辺のところは、あちらにお任せです
彼らは本当に自由で、プラス、ユーモアがあります
ヌシ(大物主大神)などはいつも笑いを入れて導いてくれます

波動の高い自分でいるためには
楽しいことを沢山経験することです
「楽しい!」「気持ちいい!」と感じていれば
黙っていても心が満たされ、魂が輝き、波動が上がります

生きていれば色々なこともありますが
なるべく人生を楽しみましょう

楽しくて満たされた人が増えたら
自然に地球も明るくなるというものです

ではでは
今日も一日、みなさまの心が愛で満たされ
幸せでありますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
悩みのモトを断ち切ろう♪
自分自身と自分の時間のために
ピンチはチャンス

光と愛の感謝日記 名前は大事か??

★ エンジェルライトセラピー対面セッション募集中!
★ エンジェルライトセラピーメールセッション募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ


ブログランキング

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体