光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
木を抱く人
北海道神宮の隣りに広がる円山原始林には 
大きくて立派なイチョウや杉の木が沢山あります
森の中を歩いていると、そんな木に抱きついたり
さわったりしている人を多く見かけます

以前、テレビで誰かが言っていたことを思い出します
木から癒しのエネルギーをもらえると・・

実は、私も過去、エネルギーを感じたくて
触れていたことがあります
ですが、今は全くしません
何故か、木たちに申し訳ない気分になるからです

自然の中に出て、そこから癒しを得ることと
実際に木に抱きついたりさわったりして
癒しを得ることは違うことのように感じるのです
先日、こんなことがありました
その木は、確かに神が宿る木でした
誰かが両手を当て何かをしているのです
メッセージをもらうためにチャネリングをしたのかもしれません
また、神が宿っていると知って
何かを感じてみたくなったのかもしれません

私はその木に思わず「ごめんなさい」と謝りました
何故なら、その木がエネルギーを閉ざしたことが分かったからでした
人でいうと“心を閉ざした”状態です
心の扉を閉め、シャッターを降ろしたのでした
(手が離れたらすぐに開いてくれましたが)

多分、自然の木たちは
精霊たちがそうであるように、私たちの想像i以上に
人間のネガティブな思念に繊細だと思うのです

私たちより遥かに霊性が高く、それでいて、おおらか・・
大抵は拒みません
ですが、この日、その木は閉ざしたことを私に教えてくれました
気づくべき大切なことがあるからだと感じました

私たち人間は、知らず知らずのうちに
自然界にある大切なものを壊しているのかもしれません
一方的に、自分の欲することを与えてもらいたいという
エゴ(我欲)が壊してしまうのです

彼らは、無償の愛で私たちを包んでくれているということを
忘れてはいけないのだと思います

癒しを得るのに触れる必要はありません
自然の中に身を置くことで、そこに溢れるエネルギーが
私たちを癒してくれるのですから・・

気をつけて見てみれば、役割の終わった木もいます
大きくて立派だけれども元気のない木もいます

私たちは与えてもらうばかりでなく
そんな木たちに感謝の祈りを捧げながら
癒しの光を静かに送ってあげるくらいの
思いやりが必要なのかなと思うのでした

本当に・・
森は癒しばかりでなく沢山の気づきを与えてくれます
時間をつくり出来るだけ出かけて行きたいと思うのでした

ではでは
今日も一日、みなさまの心が穏やかで
幸せでありますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
あなたを取り巻くエネルギー
言葉に宿るエネルギー
芽吹く春がもうすぐ来る♪(精霊たちの声)

光と愛の感謝日記 木を抱く人 

★ エンジェルライトセラピー対面セッション募集中!
★ 2014年6月松山出張対面セッション募集のご案内!
★ 2014年6月葉山出張対面セッション募集のご案内!
★ エンジェルライトセラピーメールセッション募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体