光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
鎌倉の癒しの教会(ルルドのベルナデッタからのメッセージ) 
その日は朝から陽射しが強く
日傘をさしての浄化の旅となりました
場所は鎌倉から湘南海岸にかけての神社やお寺でした
鎌倉にある鶴岡八幡宮を終えて駐車場に戻る途中
素敵な教会がありました
鎌倉カトリック雪ノ下教会です

迷わず私たちは中に入りました
パイプオルガンの生演奏が流れていて
厳粛な雰囲気の中、自分の過去世がよみがってくるような
何かに自分の魂が揺さぶられる感覚がありました
しかも、とても心地の良い癒しを感じるのです
・・教会を訪れる度にどうしてこうも癒されるのだろう

帰りがけに教会の入口にある売店に立ち寄りました
マリア様や天使の像などがあり自然とテンションが上がります

私は、ある葉書の女性に目が釘付けになりました
彼女の名前はベルナデッタ・スビルー・・
そう、南フランスにあるルルドでマリア様の出現を何度も体験し
奇跡の泉を発見した聖女といわれている人です
後に私は、ベルナデッタからメッセージをもらうことになったのです
正直なことを言うと、葉書の中のベルナデッタを見た時
私は彼女のことをマリア様だと勘違いしました
(後から夫に教えられ恥ずかしい思いをしました
ですが、それほどマリア様のエネルギーと同じだったのです
マリア様そのものといっても過言ではありませんでした

以前、私はマリア様から
「ルルドで待ってる」というメッセージをもらっていました
なので、いつかは行ってみたいと思っていました
(半分あこがれのような感覚だったかもしれません)
行くことに意味があると思っていたので
ルルドについての深い知識はないままでした

ですが、今回は家に戻ってからも、どうしても気になり
あらためて調べてみることにしました
ルルドやベルナデッタのことを書いたものを読み進めていくうちに
私は何故か涙が止まらず、いつしか号泣していたのです

なんで?
どうして??
説明のつかない湧き上がるような感情と疑問で混乱しましたが
やはり、実際に行ったら分かるのだろうとも思います

ルルドやベルナデッタのことに思いを馳せた時
私は自分の中で響いている言葉を聞いたのです
「髄を味わう」・・でした

髄・・
普段の会話では、あまり使わない言葉かもしれません
調べてみると、物事の中心、要所、奥義、神髄ということでした

多分、この変化変容の時代に変わらないもの・・
物事の本質というか、完全な宇宙の秩序というか
そういうものを自分で感じ、存分に味わいなさい
という意味だと思いました
ベルナデッタであり、マリア様からでもある
とても深いメッセージだと思いました

ベルナデッタが看護の仕事をしていた時に
次の様なことを言ったと伝えられています

『病人の世話については
 貧しい人の中にイエス・キリストをみることを
 忘れないようにしなさい
 病人が汚ければ汚いほど、その人を愛さなければなりません』

マザーテレサの言葉と、とてもよく似ています
私はキリスト教徒ではありません
ですが、これらの言葉には心を動かすものがあると思いました

髄を味わう・・まさに時代を超えて
国籍や宗教、そして人種に関係なく
変わらないものがそこにあると感じました

雪ノ下教会で買ってきた木彫りのマリア様の像を眺めては
癒されていく自分を意識しつつ
いつか、きっと、ルルドに行こうと決めたのでした

ではでは
今日も一日、みなさまの心が自由で
幸せでありますように

読んでくださりありがとうございます

<過去関連記事>
I Love You (山口ザビエル記念聖堂)
クリスマスのメッセージ(マリア様から)
クリスマスのメッセージ(函館元町教会のマリアさまから)

光と愛の感謝日記 鎌倉の癒しの教会(ルルドのベルナデッタからのメッセージ) 

★ エンジェルライトセラピー対面セッション募集中!
★ 2014年4月宮崎出張対面セッション募集のご案内!
★ エンジェルライトセラピーメールセッション募集中!
★ エンジェルカードリーディング募集中!

ブログのランキングに参加しております
いつも応援くださりありがとうございます
みなさまの応援に心から感謝します

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

癒し・ヒーリング ブログランキングへ

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体