光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
おでこに六芒星
三角形がふたつ合わされた形を
六芒星と呼んでいることを皆さんもご存知でしょう
ユダヤ人の国であるイスラエルの国旗には
ダビデの星と呼ばれる青色の六芒星が描かれていますし
日本でも、同様の「籠目」という文様があり
神社でも様々な伝説が語り継がれています

過去生についての記事を書いているときに
思い出したことがあるのです
エジプト時代の自分について書いた記事には
実は続きがありまして。。。
太陽神ラーの許しと浄化
(よかったらお読みください)

太陽神のラーは「忘れるな」の言葉とともに
私のおでこに六芒星を刻んだのでした
この出来事は、後に
大変重要な意味を持っていることに気が付いたのです
気づくまで一年以上の月日が必要でした・・はははは

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

会いに来てくれてありがとう・天国のあなたへ
その日の月は、ぽってりとして
卵の黄身のような満月でした
私は照明を消してホテルの窓から
うっとりと眺めていたのです

すると何やら気配がしました
そういえば先程から寒気と頭痛もありました
応接用の椅子に誰かが腰掛けているのが分かりました
・・・あぁぁ、○○さんですね。。。
私はすぐに分かりました

出張に行く度に私のセッションを受けてくださった方です
いつものホテル、いつもの椅子。。
その方は、まるでセッションを受けるように
座っていたのでした
怖い感覚などはありません
私はその方が何かの意図を持って
来てくれたのだと思いました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

水を飲もう
今さらですが。。。
私はこのお正月に水を飲むことの重要性を
あらためて気づかされたのでした

・・・と、言いますのも、昨年末に
掃除やら買い物やら料理やら、家事に追われた私は
(普段、サボっていた分大変でした
何故かほとんど水分も摂らずに
暖かな格好もせず
知らない間に身体を冷やしていたのでしょう
(特に寒いとは感じなかった・・鈍過ぎる自分
息子たちの都合にすべてを合わせ、寝不足のまま
いつになく働いたのでした
結果、元旦早々体調を壊したのでした・・トホホ

ときに。。。
私たちの身体は大人で60%、赤ちゃんで75%
水分でできているのは皆さんもご存知でしょう

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

癒しのギター・ドルイドの末裔
高次の存在やマスター、その他の精霊
或いは古(いにしえ)の神さまの名前を
たまにPCで検索することがあります
すると、その名前を付けられたキャラクターが
ゲームの中で沢山登場していることが分かりました
私はゲームをしないので大変驚いたのですが。。。
「ドルイド」もそうです

私は自分が古代アイルランドで
ドルイドだった過去生を持っていることもあり
それなりの誇りも持っていたので
ゲームで使われていることに
勝手ながら、何か軽く扱われているようにも感じ
違和感を持ったことも事実なのです。。

ドルイドはケルト民族の中で自然信仰を行った神官で
別名「樫の木の賢者」とも呼ばれています
彼らの仕事は多岐に渡っていて
自然学者であり、天文学者であり、魔術師であり
医者でもありました
今日は、そんなドルイドに関わる音楽のお話です

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

キラキラのエンターテインメントの闇
SMAPの記者会見を見て衝撃を受けた方は
多いのではないでしょうか
私の友人に熱狂的なファンがいますが、彼女は当初
「SMAPの大ファンだから解散はして欲しくない」と言っていました
ジャニーズにまつわる黒い噂も信じず
すべてのことを善意に捉えていました

ところが、その彼女さえ、あの会見を見て
「何だか、可哀相になってきた。。」と言っていました
私も同感でした
4人があまりにも疲労していて我慢しているのが
見て取れたからです

言いたいことも自由に言えず
不自由な世界に身を置くことを選択した結果でしょう
満たされるどころか、彼らのエネルギーは枯渇しているのが
見ている私たちにもダイレクトに伝わってくるほどでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

人は変わるようにつくられている
「今こそ怖れを手放そう!」
精神世界でよく使われている言葉です
月並みではあるけれど本当に大切なことだと思います

一体、自分は何に対して怖れているのか?ということを
突き詰めていく作業は、やはり勇気が要ることかもしれません
ですが、そこにこそ、自分にとって気づくべき課題が
あるのだとも思うのです

経済的なことへの不安がある人は
自分が自由になることへの怖れになります
また、自分の感情を表に出すことが苦手な人は
周りから自分がどう見られるか。。とか
正直な思いを誰かに打ち明けることで
何かを失うというような怖れになります

3次元(物質世界)の地球に肉体を持って生きていれば
そういう感情を持つのは当たり前です
けれども、いつまでもそのままでいていいはずがありません
何故なら、自分が苦しくなってしまうからです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

後ろめたさのエネルギー
最高気温が氷点下の札幌は昨日からまた雪が降り
円山の森も歩くのが大変なほど積もってしまいました
ですが、空気はとてもきれいです

気分よく散歩し、その帰り道のことでした
私の前を重そうなゴミ袋を3つも持った
初老の女性が歩いていたのです
ゴミを出す光景はまったく普通なのですが
この女性、ゴミステーションを過ぎても
歩き続けているのでした

重いのに何故?
一体どこまで行くの?

そうして私はあることに気づきました
その女性から出ているエネルギーというか
波動というか、オーラというか、そういうものが
とにかく暗かったのです
灰色と茶色の妙な煙のような感じでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

たまには、はき違えることもあるけれど
自分の周りの環境を常に心地良くしておくことは
とても大切なことです
それは、整理整頓や不要なものを捨てることだけをいうのではなく
関係が終了した人間関係から離れることや
誰かや何かにコントロールされていることから退くことでもあります
心地良い環境に身を置くことというのは
つまり、自分を大切にしているということでもあるのですが。。。

相手が家族でも他人でも良い関係をつくるのには
少々努力が要ることもあります
まずは相手の気持ちをよく聞くことから始まります
次に、相手に自分が思っていることを正直に話すこと
共感できるかできないかは、さほど重要ではありません

時には、喧嘩になったり
関係がより険悪になってしまうこともあるかもしれません
けれども、伝え合う行為が大事なのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

自分の言葉、自分のビジョン
精神的な成長とは自分以外のものに依存したり
真似をしたりする気持ちを取り除いた後に
徐々に成されるものだと私は感じています

どんなに憧れて目標にしている人でも
依存をしてはいけません
また、真似をして、その人以上のものを得ようとしても
後には必ず、葛藤と混乱という苦悩が待っているのです
何故なら動機がエゴ(我欲)に基づいているからです

誰かがやっていること
誰かが持っているもの
そして、誰かの言葉やビジョンは
あなたのものではありません

あなたのそれは、自分を信頼することを
忘れたゆえの振る舞いにほかなりません

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

信仰の闇・マザーテレサ
『私がシスターや人々に神や神の仕事について口を開くとき
 その人たちに光と喜びと勇気をもたらすことを
 よく理解しています
 しかしその私は、光も喜びも勇気も何も得ていないのです
 内面はすべて闇で
 神から完全に切り離されているという感覚です』

これはマザーテレサが75歳のときに
アルバート・ヒュアートという神父へ宛てた手紙の中で
告白したものです

マザーテレサの活動に共感した人は世界中に沢山います
「神の愛の宣教者会」は世界123カ国に広がり
それに従事するシスターの数も
今現在、3900人以上とも言われているのです

私もまた、彼女のことを敬愛していたうちの一人です
マザーが生前色々な人に語っていた言葉に感動を覚え
多くの勇気と気づきを与えられていました
けれども、マザーの心の奥底には
こんなにも暗く冷たい闇が覆っていたとは。。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

琵琶湖は地球のハートチャクラ・解放の2016年
新年明けましておめでとうございます
皆さま、どの様なお正月をお過ごしでしょうか

さてさて。。。
昨年は『淘汰の年』でもありました
世界でも日本でも信じられないような出来事が
次から次と起こりました
時が過ぎてしまえば、まるで何もなかったかのように
静かに迎えた2016年です

・・ときに。。。
琵琶湖には様々な伝説があることは皆さんもご存知でしょう
デイダラボッチと呼ばれる巨人が近江の土で富士山をつくり
掘った跡が琵琶湖になっ たとか。。
はたまた、反転させた形がそっくりな淡路島にまつわる
あれやこれ。。

ですが、実際に足を運び、エネルギーワークをしながら
最終的に分かったことがあります
それは、地球の未来に繋がるとても重要なことでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体