光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
切り株にいた守り人
札幌のサロンから地下鉄駅に向かう道筋一杯に
桜の木が植えられており、春になったら綺麗な花が咲きます
ある日、いつもの様にその道を歩いていると
一本の木がスッパリと切られ、真新しい切り口を見せていました
じぇじぇ。。。私は声を上げそうになりました

ちょうど、とある一軒家の玄関の真ん前にある木でした
・・邪魔だったのでしょうか
それとも、病気だったのでしょうか
何か理由はあるはずでしたが、分かりません

私はほんの少しの間、立ち止まり、その切り株を眺めていました
すると、そこに白くて丈の長い服を着たおじいさんの様な人が
ヌ~~と現れたのです
もちろん、生きた人間ではありません
聞くまでもなく、その木に宿っていた神さま?というか
精霊の類いの木の精??というような
エネルギー的な存在です
そうして耳を澄ますと、その人が(以下、守り人と呼びます)
「なんで?どうして?」と言っているのが聞こえたのでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

感覚を誤作動させる罠
今さらですが、清涼飲料水と呼ばれるものの中に
どれほどの砂糖が入っているかあらためて思い知らされました
・・と、言いますのも、飲料水の中に入っている砂糖の量を
可視化した写真を見る機会があったからです
興味のある方はネットなどでお調べください
すぐ、見つかると思います

特に、無色で水に香りがついているだけのように見えるものにも
結構な量の砂糖が入っているのは驚きでした
(スポーツ飲料水についても同様です)

私は甘いものが大好きです
食事の後はやっぱりデザートが食べたくなります
以前、セドナに住むセラピストのワンダさんにも
食べたらダメだと言われていましたが
やめられませんでした・・トホホ

精神世界では砂糖・・特に白砂糖は
摂らない方が良いと言われています
もちろん、太るからではありません
砂糖は闇の叡智が人類にもたらした仕掛けのひとつだからです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

2015年10月北九州出張対面セッション募集のご案内
2015年10月北九州出張対面セッション募集のお知らせ

10月18日(日)から20日(火)の3日間、福岡県北九州市において
対面セッションを行います

日々生きていく中で、どうしても前に進めないとき
例えば、職場の人間関係や家族の問題
あるいは恋愛に関する悩みなど
心身共に辛く、希望や光が見えなくなったとき
再び、前を向くことが出来るように
ご自分を癒し、慈しみ、そして、愛することを思い出せるように
また、人生の目的が知りたい
ご自分の願いや希望を叶えるためにどうしたらいいかなど
私、hirokoが、大天使や守護天使、ハイヤーセルフ
マスター、その他の高次の存在から
その時あなたに必要なメッセージを
チャネリングで受け取りお伝えいたします

☆九州地方および近隣の地域の皆様の
 お申込みをお待ちしております

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

今ごろドロちゃんは何してる?(星の罪人)
最近つくづく地球は特殊な環境だと思います
人間は自分たちの目で見えるものだけが
この世に存在していると思っている人がほとんどなのです
宇宙人の話をしても、変な人扱いされてしまうのです

ですが、地球にも宇宙にも色々な生きものがいたり
エネルギーが存在しているのは真実です

・・そんなこんなで、今日は少し毛色の違う宇宙人のお話です
何かの意図を持って、ある特定の人間の後ろにつき
その人を操ろうとしているのですが
その宇宙人は、どうやら自分の星で大罪を犯したらしいのです
地球に逃れてきたと言っていました
姿は深緑色の身体で、皮膚の表面がドロドロとした感じ。。
四角い頭で服は着ていませんでした

何だか、どこか憎みきれない風貌なのですが
彼にはなんと見張り役がついていることも分かりました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

お墓と供養考
『私のお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 
 眠ってなんかいません
 死んでなんかいません。。』
これは秋川雅史さんの「千の風になって」という歌の一説です
初めてこの歌を聞いた時、その通りだよ~!と思いました
亡くなった人はお墓に留まっているわけではありません
(一部そういう人もいますが)

お葬式やその後繰り返し行われる法要などのセレモニーは
見送る側の人のためにあるように思えるのです
「この人とはお別れなんだ」と
自分の心に決着をつけるために必要なのでしょう

忘れるためとか排除するとかいう意味ではなく
今世の3次元的な関わり(肉体同士での交流)が
終了したことを腑に落とす大切な機会であり
悲しみに暮れる時間を過ごすとしても
再び前に進むためのものだと思うのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

何をもって生きていると言うのだろう
私は以前訪問介護の仕事をしていました
そこは母体がホスピス病棟を持つ病院だったため
終末医療に関わる機会も多かったのです
もちろん、痴ほうのお年寄りの介護もしました
私は、毎日色々な現実を突きつけられ
“脳と心の領域”というものを考えずには
いられませんでした

「人は何をもって生きているというのか。。」
「人の尊厳とは何か。。」
本人の意思や家族の意思もあります
また、今の医療のあり方は延命にまつわる
黒いカラクリも多々あるのも事実です
(莫大な医療費や過剰な薬の処方等)

そんな中、誰もがこの世に生まれてきた限り
当たり前ですが必ず肉体を終える日がやってきます
自分はその日をどう迎えたいか
家族をどう送りたいか。。
若くて健康でこの様な話がピンと来ない方も多いと思いますが
自分なりに考えておくことも必要なのかなと感じます

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

本当の自分から遠ざけるもの
夫は以前、クライアントの方を通してホルス神から
「己を括るな(おのれをくくるな)」という
メッセージをもらいました
ホルスはエジプトの太陽神と言われています

その言葉は後に、私にとっても
大きな気づきを与えてくれるものとなりました

私は高校生の時に男子に言われたキツ~イひと言で
ダイエットに目覚め、それからウン十年もの間
ダイエット、リバウンド、ダイエット、リバウンドを繰り返し
美味しいご飯を食べても常に罪悪感を持ち
鏡に映る自分の姿を見てはタメ息をついていました

痩せていた頃に調子に乗って買ったお気に入りの服も
いつかまた着る時がある。。カモ。。。と
中々捨てられずにいたのでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

闇の時代の特徴
地球の歴史が光と闇の時代が
交互に繰り返されてきたことは皆さんもご存知の通りです
闇の時代は今回が最後と言われています
なので、今は、光の時代へ移行するための
激動の時を迎えているといっていいのでしょう

ときに。。。
地球全体で食糧が足りないわけじゃないと
何かの本で読みました
毎年、全人類が十分に食べていけるだけの
食糧が生産されているのです

もし、みんなに均等に食糧を分けられているのなら
だれもが十分に食べることができるのです
けれども現実は、飢えのせいで
病気になって亡くなる人は1800万人。。
そのうち5歳未満の子どもが1000万人。。。
(その半分は、栄養失調が原因)

飢えは、政治の腐敗と戦争が招いているのにほかなりません
このことは大人たちは皆知っています

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

心を使うこと
私はセッションの中でクライアントの方に
「楽しみは何ですか?」とよく質問させていただきます
すると、皆さんはそれぞれに
映画を見ること、好きなアイドルのコンサートに行くこと
本を読むこと、登山等々、色々答えてくださいます

どうして、そんなこと聞くのか?
疑問に思われる方も多いことでしょう

普段から我慢をしていたり
頭で考えすぎている人は「何だっけ?」となって
楽しいことや好きなことが
分からなくなっていることが多いのです

それでも、中には
「いいえ、私は充分幸せですし楽しんでいます」と
答える方もいます
ですが、その様な方は、大体が
具体的に「○○○が大好きです」と答えることはできません
“頭”が楽しく幸せだと思い込んでいるだけなのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

眠ることの楽しみ
夢は自分と自分の人生を知るための有効な手段です
夢を見ている時は高次の存在からの情報が入りやすいのです

考えてみれば、私たちは人生の三分の一を
眠って過ごしますから、この時間に注目し
気づきを得るために活用することは
まったく理にかなっていると思います

見た夢には必ずシンボルがあります
目覚めたときに忘れてしまうことも多々ありますが
強烈なものや同じものを繰り返してみる場合もあります

私がよく見るのはトイレと海と学校の教室ですが
それぞれには意味があるのです
例えば、トイレなら浄化
海なら、尊重され賢明に活用される巨大な感情のエネルギー

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

発想の転換(駄)
いつも行っているスーパーが
大手スーパーに経営が譲渡され今月から名前が変わりました
と、同時に、品揃えが若干変わりました
私が気に入って購入していたものが
(大したものではないのですが、好きなものでした)
陳列棚から消えてしまいました

習慣といいましょうか、いいわ~と思って選んでいた
お豆腐とか、漬物とか、うどんとか、飲み物とか
(なんか小さいことですいません
不便さを感じ、なんで~~と思ってしまいました

まっ、そこまで執着するのも良くないということも
分かっておりますが、やはりどこか気に入りませんでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

希望の旅の先には
戦火の祖国に絶望し、希望を求めて逃れる人々に
“死”という現実が待っていました
なんと過酷で痛ましいことでしょう

ニュースで報じられる度に、気の毒と同情は示しても
島国に住んでいる私たち日本人にとっては
やはりどこか他人事というか対岸の火事ということなのでしょうか

私が言うまでもないことですが、傷つき命を落としているのは
紛れもない私たちと同じ心と身体を持った人間です
どうしてこんなことが起こるのでしょうか
何故、幼い子供たちまで犠牲にならなければいけないのでしょうか

そもそも、武力紛争は何故起こるのでしょうか
昔は、領土を拡大するため、国の名誉のためといった理由でしたが
近年はやはりお金のためだと言っていいのでしょう

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

2015年9月葉山出張対面個人セッションのご案内
2015年9月葉山出張対面個人セッションのお知らせ

9月22日(火)~24日(木)の3日間
神奈川県葉山町にて対面個人セッションを行います

日々生きていく中で、どうしても前に進めないとき
例えば、職場の人間関係や家族の問題
あるいは恋愛に関する悩みなど
心身共に辛く、希望や光が見えなくなったとき
再び、前を向くことが出来るように
ご自分を癒し、慈しみ、そして愛することを思い出せるように
また、人生の目的が知りたい
ご自分の願いや希望を叶えるためにどうしたらいいかなど
私hirokoが大天使や守護天使、マスターその他の高次の存在から
必要なメッセージをチャネリングで受け取りお伝えいたします

☆関東地区および近隣の地域の皆様の
 お申込みをお待ちしております

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

この肩の痛みは。。エーテルコードとチャクラ
人と人との関わり合いの中で繋がってしまう
エーテルコードとチャクラについてのお話しです
精神世界の本などにもよく書かれているお馴染みの言葉です

一年ほど前に私の右肩が突然痛み出し
腕を上に上げることができなくなりました
いわゆる“ウン十肩”なのだ・・と、あきらめ今に至ります(トホホ)
最初の頃に比べると痛みは大分やわらいできた今日この頃ですが
肩の可動域が制限されることには変わりないので、やはり憂鬱です

ところで、人間の身体には無数のエネルギーセンターが
あるということを、皆さんもご存知でしょう
主なものは七つありますが。。これがチャクラです
もちろん肩にもあります
先日、自分自身をヒーリングしていて
そこのチャクラがおかしくなっていることに気づいたのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

ごめんねウッチー・地球からの警告
札幌の円山周辺には北海道神宮や円山公園といった
観光スポットがあります
円山動物園もその中のひとつです
私がいつも散歩しているのも、その周辺になります
今朝も、いつものコースをいつものように歩きました
折り返し地点にしている所は
ちょうど動物園の裏側の所になるのですが。。。

私はその場のエネルギーに引っ掛かりのようなものを感じました
滞りというか、ネガティブで重たくなっているような感じでした
折りしも、この動物園では続けて2件の
動物の痛ましい死亡事故があったばかりでした

私は慰霊の気持ちを込めて光のエネルギーワークをしました
ワークを終え、再び歩き出して間もなく
私の左側に大国主命がいることが分かりました
一方、右側にも誰かいました
誰だ?初めて会う存在だけど。。
しかし、何だろう、この冷たさは。。。

すぐに、その存在がどんな存在なのか分かりました
とても波動の低いベッタリと貼りついてくるような
形の無いエネルギーでした
これは元が、人間のエゴのものだとすぐに分かりました
同時に、地球(自然界)からの警告だとも感じました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体