光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
天使とサンキャッチャー
皆さんはサンキャッチャーを知っていますか?

サンキャッチャーを部屋の窓辺に吊るしておくと
サンキャッチャーのクリスタルが
窓に入ってくる陽の光を集め
反射した虹色の光が部屋中に広がります

日が短くなった冬でも
部屋の中に明るい七色の光が映し出されると
とても美しく綺麗で、見ていて癒されます

その光を見ていると
なんとなくテンションが上がるというか
ウキウキしてくるのです

私の守護天使、通称ブルーちゃんも
サンキャッチャーの虹色の光の粒が大好きです

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

夢は正夢という「言霊」
それは「言霊」とも言われているように
言葉の持つ力はすごいと思うのです

「夢は正夢」という言葉は
私が大好きな日本ハムファイターズの監督
栗山英樹さんの信念でもありました

インタビューで栗山監督は選手を信じ
その思いを言葉で表し続けたと言っていました

選手ひとりひとりに言葉をかけ続け
その言葉が選手の背中を押し続け
結果、強いチームが出来ていったのだと思うのです

自分の考えを丁寧に相手に伝えるというのは
簡単なようで実はとても難しいことかもしれません

遥か大昔から日本人が持つ
人間の心と言葉を使う能力は
本当に素晴らしいものがあるのです

テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

大国主命(オオクニヌシノミコト)と私
今さらですが驚いたことがあるのです
私は神社巡りが大好きで
旅に出ても観光マップなどを見て
必ず神社に行くことにしています

ここにきて気付いたのですが
参拝した神社の主祭神が
ほとんど、あの「因幡の白うさぎ」で有名な
大国主命(オオクニヌシノミコト)なのです

大国主命(オオクニヌシノミコト)の使命は主に国造りです
札幌にある北海道神宮に
北海道開拓の守護神としてお祀りされたのも納得です

何年か前に日本の神さまのことが知りたくて
本を買いました(マンガ仕立てで分かりやすいものでした
それを読んで
大国主命(オオクニヌシノミコト)のことが好きになり
以来、親愛を込めて「オーちゃん」と呼んでいたのです

ですが今回、仙台の大國神社に行った時に
(もちろん主祭神はオオクニヌシノミコトです)
まず最初にガツーンと頭に強く響きました
『オーちゃんではない!』と・・

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

クリスマスの癒し「Taize」
いよいよ札幌は雪が降り
冬がやってきたと覚悟しました
街を歩くと店頭にクリスマスの飾り物が置かれています
今日はクリスマスにピッタリのCDをご紹介します
その名もTaizeです
Taizeはテゼと読みます

先日、アリゾナ州にあるセドナの
チャペルオブ・ザ・ホーリークロスを訪れたとき
私はTaizeというCDを
視聴もせずに、衝動的に買いました

自然のレッド・ロックを活かして造られた教会
チャペルオブ・ザ・ホーリークロスは
マリア様の慈愛と癒しのエネルギーが溢れている所です

チャペルオブ・ザ・ホーリークロスでは
週に一度、夕方から簡単な礼拝があるそうです

静かな音楽が流れる中で
旅行者でも仏教徒でも、参加した誰もが
祈りを捧げることが出来るのだそうです

私はその礼拝で流れているという音楽が
どうしても気になり自分も聞いてみたくなりました
これがTaizeとの出会いでした

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

天使からのメッセージ
大天使や守護天使
あるいは、高次の存在たちは
普段から私たちにメッセージを送っています

エンジェルナンバーだったり
何度も耳にする歌の歌詞だったり様々ですが
人の口から伝えられることも
意外と多いのです

私はよく北海道神宮に行きます
(何度もブログに書いていますが)
その日も、グラウンディングをかねて
北海道神宮の森をゆっくりと深呼吸しながら歩きました

そして私は、そこで話しかけてきた
初老の婦人から、その方の口を通して
メッセージをもらったのでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

ツインソウル(魂の伴侶)
ソウルメイトという言葉を
これまで一度は聞いたことがあると思います

ソウルメイトは
自分を含めて12人いると言われています
皆、霊的な魂のグループからやってきた人たちです

男性も女性も含めて
幾度となく過去の人生で共に生きてきました
お互いの学び合いのために
中には悪役も引受けてくれた魂もいます
自分にとって、とても大切な魂の仲間です

ソウルメイトのうち
さらに濃い間柄の関係があります
運命の人とか、赤い糸で結ばれた相手という人もいますが
恋愛のパートナー、ツインソウルです

そしてツインソウルより
もっと深く結ばれた関係をツインフレームといいます

ツインフレームは
魂の片割れとも表現される通り
もとはひとつの魂でした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

エアポートメサでの瞑想(セドナ)
旅に慣れていない私にとって
セドナまでの道のりは正直長かった
成田からサンフランシスコまで約10時間
(帰りは12時間)
サンフランシスコからフェニックスまで約2時間
フェニックスからセドナまで車で2時間半・・・

ドラえもんのどこでもドアがあったらな~と
マジメに思いました

それでも
雄大なセドナのレッド・ロックを目の前にすると
疲れもすっ飛び
「来て良かった!」と思うのだけれど・・

セドナには有名なヴォルテックスが4つあり
それを四大ヴォルテックスと呼んでいます

キャセドラルロック、ベルロック
エアポートメサ、ボイントンキャニオンの4ヶ所です

中でも、私が一番印象に残っているのは
セドナのほぼ中央に位置するエアポートメサです

テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

ネイティブの魂(セドナ)
セドナはネイティブアメリカンの
伝承の地と言われています

ネイティブアメリカンの生き方は
人間を自然の一部ととらえ
その創造物である
空(太陽)は「父」
大地は「母」
月は「祖母」、四つ足の「人々」
そして木や植物はブラザー、シスターと呼び
私たちと存在するすべてと繋がりをもち
感謝と共に調和して生きること

偉大なる精霊と霊的な存在に
大いなる敬意を払うというものです

私はこのネイティブアメリカンの教えに何故か惹かれ
ざわざわと魂が揺さぶられる思いがしました

そしてセドナで過ごす二日目の夜に
瞑想で告げられたことが
今回、セドナに来た意味のひとつだと分かったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

幸せなこと
たまたま買った本に付いてきたしおりに
書かれていた言葉です

『精一杯生きる日が
 もう一日
 与えられているとは
 なんと幸いなことだろう』

(アントニー・デ・メロ氏心の歌より)

私たちは当然のように
夜、眠りにつき
朝がくると目を覚ましていましたが
考えてみると
それは、当たり前のことではなくて
奇跡のひとつなのかもしれません

そんなことを息子に言ったら
とてもうさん臭い顔をされてしまいましたが・・

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:心と身体

ヴォルテックスのエナジー(セドナ) 
セドナの独特な地形を成す
赤い岩山、レッド・ロックは
それぞれ名前が付けられていて
その中でも特にパワーが強いスポットが
「ヴォルテックス」と呼ばれます

「ヴォルテックス」とは
ラテン語で渦巻きという意味です
確かに、大地から宇宙へ
そして宇宙から大地へと
強いエネルギーが渦巻きのように流れているのを感じました

レッド・ロックは、その昔セドナが海の底にあったため
地層がはっきりと現れています
水晶のクラスターを思わせるような岩たちが
宇宙に向かって何かを発信しているようにも感じます

私たちはセドナに滞在中、毎日のように
代表的なヴォルテックスをハイキングしました
そして、それぞれのレッド・ロックによって
流れるエネルギーが違うことも分かったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体