FC2ブログ
光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
無いと欲しくなる
おかげさまで、大分、平静を取り戻した札幌です
スーパーの品揃えも、普段通りになってきました

・・・ただね、生産が追い付かないものがあるのです
そう、それは納豆。。
まぁ、日本人は納豆が好きですし
無いと寂しく感じる人は沢山いると思います

しかしね、そうは言っても
まったくのゼロというわけではなく
時間帯によっては、少しだけれど
棚に並ぶ時もあるようです

だけどね~
無いと欲しくなるのが人情なのでしょう
買っておきたくなってしまうのですよね

本当は1個で足りるのに、先のことを考えて
つい2個3個とカゴに入れてしまう。。
これ、ちょっぴりエゴなのかもしれませんね

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

同じスポーツの世界の出来事なのですよね
全米オープンテニスで大坂なおみさんが
日本人として初めて優勝しましたね
対戦相手はセリーナ・ウィリアムズさん。。
皆が知っている素晴らしい選手です

まぁ、決勝戦では色々あって大変だったけれど
結果的に大坂なおみさんの純粋さが
あの場を救ったように思いました

大坂さんは、とってもチャーミングな方ですよね
仕草や発言がいちいち心に残ります
様々な場面でお辞儀をするところなどは
日本人のスピリットを感じました

ところで、今クローズアップされているのが
大坂さんのコーチです
名前をサーシャ・バインさんと言い、ドイツの方なのですが
とっても素敵な方ですよね~

大坂さんの優勝に伴い
サーシャさんの指導法も紹介されていましたが
それがまたいいんですよ
明るくて、ポジティブで、愛があって。。
サーシャコーチとの出会いが
彼女のすべてを変えたと言っても過言ではないのでしょうか

パワーハラスメントや暴力などが明らかになって
揺れに揺れている日本のスポーツ界ですが
同じ世界の出来事でもこうも違ってくるのですね

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

それでも光に向かっている
これまで、私は台風や地震などの自然災害は
私たち人間に大切なものは何かという
気づきを促す出来事だと記事に書いてきました

だから、山が崩れたり、町が破壊されたり
人々が自分の故郷に住めなくなったり
尊い命が奪われたとしても
それは創造主の意図のもとの出来事で
完全な宇宙の秩序の中の出来事なのだと
私なりに腑に落としてきました

災害など、起こったことは闇の出来事です
けれども、それは純粋な闇。。
魂を成長させる機会を与えてくれることになります
(病気をして、初めて健康のありがたさが分かるのと同じ)

純粋でない闇からは、そういう恩恵は受けられません
強いて言うなら、闇が闇を食う構図で
こうなってはいけないという
反面教師的な学びを促してくれるものかもしれません

闇が闇を食う構図とは。。
例えば、お金で情報を買い、スキャンダルを公表し
結果的に、組織や人から社会的な立場を奪う
週刊誌などがそれです
・・・でも、それは、良い悪いではなく
そういう役割を果たしてくれているに過ぎません

さて、前回からの続きです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

・・・だとしたら、あまりにも闇です
札幌のシンボルである「さっぽろテレビ塔」
昨日、電光時計の時刻表示が再開し
オレンジ色の数字が浮かび上がりました
節電の呼びかけのある中だけれど
少しづつ、戻りつつある。。

しかし、震源地に近い方々や
被害の大きかった地域の方々は
まだまだ困難が続いています

地震が残した爪痕は(他県の台風や大雨もそうですが)
そう簡単には癒えないのだと思います

世の中では、良いことも起これば
そうでないことも(当然ですが)起こりますね
その時、必ずと言っていいほど
陰謀論やSF的、或いは都市伝説的な話が出ます

これまで私はそういう類いの話は
記事に書いてきませんでした
自分で見て聞いた話ではなかったですし
感覚を使って捉えたことではなかったからです

しかし、今回の北海道で起きた地震は
どうしても、すんなりと飲み込めないものがあるのです

以下、この続きを読まれて
不快に感じる方がいらっしゃるかもしれませんが
hirokoの妄想だと流していただければありがたいです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

その土地を暗くするもの
何となく見ていたテレビ番組で見た映像が
あまりにもネガティブで思わずメモしました

場所は鎌倉。。
湘南モノレールの湘南深沢駅の近くにある
「泣塔」(なきとう)と呼ばれる宝篋印塔です
すぐ傍には洲崎古戦場があります
(新田義貞の鎌倉攻めの際の古戦場で多くの戦死者を出す
幕府方は破れ、結果的にそれが幕府の滅亡を招くことになった)

その日のうちにエネルギーワークをすることにしました

登場人物や背景をウキペディアなどで調べてみたのですが
書いてあることと、チャネリングで捉えた感じが異なり
何が何だか分からなくなってきました

けれども、亡くなった人たちの御霊が
辺りに留まっていたことは間違いありません

兎にも角にも、夫に光を降ろしてもらいました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体