光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
拒否されても
セッションではクライアントの方に対して
少々厳しいこともお伝えしなくてはいけないこともあるのです

何を相談しても、常に同情的で
耳障りの良い話しかしない人も中にはいますが。。

高次の存在からのメッセージは
根底に絶対的な愛があり、いつも一貫しています
だから、それをそのままお伝えしたいと思うのですが
中々伝わらないこともあるのです

私の力不足もあると分かっているのですが
最初から、酷いことを言われたと非難したり
「信用できない」と拒否する人がいるのも事実なのです

できれば、耳の痛い話でも、一度は耳を傾け
その上で、そのメッセージがどうなのか
聞くには及ばない内容なのか
それとも、受け入れるべき内容なのかと
自由に選んでいただければと思うのですが。。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

胸を打つシーン・オリンピックの光と闇
平昌オリンピックで男子フィギュアスケートに出場した
羽生結弦選手、凄かったですね~~

久しぶりにリンクの上に立つ羽生結弦選手の姿は
何か超越したものを感じたのは私だけではないでしょう
最早、人間ではないような異次元さを見たような気がしたのです

光の仲間のみちこさんのブログにこう書かれていました

『さあ次は羽生選手が滑るという時(ショートプログラムで)
 「応援する人も多いけど、彼はネガティブなエネルギーも
 受けているんだろうな〜」と考えていると
 「私が護ります」と、何方かが伝えてきました』

さらに、こう続きます

『その祈りは、上手く滑れますように!とか金メダルを
 と、いう祈りではなくて
 只々ネガティブなエネルギーから彼を護る
 光で包むというものでした』と。。。

やっぱり、そうだったんだ!

翌日のフリーでは、もしや安倍晴明さんが宿っているのでは?
と感じるほど、神がかって見えました
結果も素晴らしいものでしたね

見えない存在のサポートがあったのだと
あらためて思いました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

人生経験がモノを言うのか・・それとも
感謝の気持ちは光です
感謝の気持ちを持つことが本当に大切なんですよ

この言葉を10代、或いは20代前半の人にお伝えしたとき
???という反応が返ってきたことがあります
(えっ?そんなこと知ってますけど的な)

それでも、高次の存在は
「感謝の気持ち」のことを言い続けてきます
そのまま、お伝えしても、分かりにくいのかな?
私の伝え方が良くないのかな?。。と
具体的な例を挙げて説明するのですが
やっぱり???な反応で、その日のセッション自体が
???になってしまったのです

その時点で真の意味をご理解いただけなくても
いつかきっと
「あぁ、あの時hirokoが言っていた感謝ってこういうことなんだ」と
腑に落としていただけると信じてはいるのですが。。。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

リピートさせるために
私がまだ20代の頃のお話ですが
あるエステサロンの部分痩せお試しセールに
行ったことがあるのです
1,000円という安さに目が眩み
私はノコノコ出かけて行きました

ところが、アチラはプロですよ
うまいんです
私の「痩せたい願望」を見抜いているので、そこを利用して
こちらもどうですか?今ならお得ですよ~と言う具合に
誘ってくるわけです
そうですね~と、すっかりその気になってしまう私。。
・・・高い授業料になりました

はたまた、40代の時にやっていた保険の営業では
転ばぬ先の杖の的な文句でお客さんとお話していました
お子さんが小さければ尚更のことお勧めしやすいというわけです
今にして思えば、怖れを抱かせて、契約を取り付けるやり方でした

同じ様なやり方をスピリチュアルなことをやっている人にも
いるのですよね~

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

ずっと握りしめているもの
何につけ、「被害者」でいることは案外楽な部分があります
もちろん、不条理な事件や事故などで
被害に遭われた方のことを言うのではありません

困難には、意味があるのにも関わらず
そこに気づく努力をせずに、誰かのせい、何かのせいにして
可哀想な自分をいつまでも引きずってしまう人のことを言います

まるで自分は被害者なのですから。。と
アピールしているようなものですね

「握りしめるも、手放すも、本人の自由」。。。
これは、夫がよく言う言葉です

被害者になりたい人が握りしめているものは
〇〇されたという憎しみかもしれません
或いは、何かに対する執着かもしれません
もしかしたら、自分は悪くないということを認めてもらいたいという
アピールかもしれません

いづれにしても、そこにあるのは
ネガティブなエネルギーなのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体