光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
対峙するべき闇と、そうでない闇
これまで闇について色々と書いてきましたが
一口に闇と言っても種類もパターンも様々あります

闇は悪いものでも忌み嫌うものでもありません
だからと言って、いつまでも闇に付き合う必要もないと
私は感じています

嫌いな人、嫌な体験、困難な環境。。すべて闇の経験です
それらがあるから私たちは魂を成長させることができます
闇の経験で自分と向き合った時、課題が見えて来るからです

我慢をしてはいけないな~
もっと自分を大切にしないといけないな~など
気づいて、行動に移していく先に
自分の幸せがあるのだと思います

例えば、それは仕事を辞める事かもしれないし
恋人と別れることや離婚することかもしれません
エネルギーも要るし、覚悟も要るし
色々な周囲の反応もあるでしょうし、本当に大変です
でも、それを乗り越えた人に
その人だけに贈られるギフトは、やっぱりあるのです
(そのような人を何人も見てきました)

だから、闇は切り捨てるべきものではないと思います
けれども、中には切り捨てるべき闇もあると分かりました
お互いに学びが終わった、世界を分けた闇です

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

いつものパターン・悪い龍神をやっつけた編
3次元の世界って面白いですよね
文字や言葉があるので
本心や真実を隠すことができてしまうのですから。。

例えば、太閤・豊臣秀吉さん。。
有名過ぎる戦国武将です
今、生きている人で彼に実際に会ったことにある人は
一人もいません(当たり前ですが)
でも、どこかの記録(文献)に載っていたら
「お猿に似ていて人なつこい人物」となるのです

これが、ポイントなんです
皆さんも、見たことがあるでしょう?
神社や祠にある立て看板を。。

「昔、村人に悪さをした大蛇を
何とかというお坊さんがこらしめて、この祠にお祀りしました」

本当かな??と思いませんか?

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体