光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
シリウスの森
しばらくぶりに円山原生林の森を散歩しました
節分を過ぎていますが札幌はまだまだ真冬。。
森も銀世界です
所々に動物(リス?)の足跡が残っていました

私は深呼吸をしながら歩きました
進んで行くうちに、何かが変わったように感じました
何だろう??
以前の森とエネルギーが違うのです

ハッと気づくとどこかで会ったことのある人が
ひとり、ふたり・・いやいや、もっと
森の木ほど立っているではありませんか
(大げさではなく)

間違いない。。
この人たちは地底の人たちだ
私はそう感じました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

映像で見せられたシリウス
私が初めてそれを体験したのは
ある霊能者(以下Tさんと呼ぶ)のセッションを受けた時のことでした
今から、5年ほど前のお話しです

セッションの中で、Tさんが
「hirokoもこれから色々頑張らないとね~」と言い
私が、「はい、そうですね」と答えた時です
私は確かに見たのです
子供の頃に見たアニメ「巨人の星」の主人公の星飛馬が
父親にしごかれて、うさぎ跳びをしている場面を。。
(年がバレるほど古い)

話の内容から、自分が勝手に
その場面を妄想したと思ったのですが
そうではありませんでした
Tさんが、その絵柄と言うか場面?を
私に映像として送ってくれたことが分かりました

そして、つい最近も同じ様なことがありました
今度は、Tさんのような生きている人間からではなく
プレアデスのエネルギー体から映像を送ってもらったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

大切なポータルがまた開きました
先日、夫と伊豆の修善寺周辺を回ってきました
目的はここ何か月か続いている夫の過去生に光をあて
統合を図るためです

ところで、皆さま、この歌をご存じでしょうか
「寝乱れて 隠れ宿
 九十九折り 常連の滝
 舞い上がり 揺れ落ちる 肩の向こうに
 あなた・・・山が燃える
 何があっても もういいの
 くらくら燃える 火をくぐり
 あなたと超えたい 天城越え~~。。」

石川さゆりさんの天城越えという歌の一部ですが
実は、私が暗闇のトンネルに入っていた頃
仕事仲間や友人と行ったカラオケでのお気に入りの曲です

今回、実際に天城山を訪ねてみて、この中に出てくる場所が
地底のポータルだったことが分かりました
しかも、山自体がとても大切な場所で
この歌詞に出てくる通り、火のエネルギーの山だったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

シリウスブルー・ポータルの目印
人の魂は光のエネルギー体などとよく言われています
今、この地球でこうやって肉体を持って生きていますが
ここに至るまでの道のりは
地球での人生の転生を繰り返しもあれば
遥か遠い宇宙の星を経由した場合もありますし
肉体を持たず(例えば天使のような)人間の後ろに存在して
サポートしている時もある。。という感じで
十人いれば十通りのパターンがあるのです

そんな私も、段々思い出してきましたよ
特に、シリウスとは縁が深く、プレアデスも経験し
金星を経由して地球に来た。。こんなところです
地球においてはレムリアや地底都市にも
いたように感じているのです

さてさて、地底の人とポータルのお話に戻りますが
いつも行く札幌の円山の原始林の森にポータルがあります
そこからは身長が2~3mもある人が出てきて
名前を聞くと「オロ」と応えてくれました
(オロさんも地底の人)

天神山で会った長老も、単に巡礼の旅で会ったというだけでなく
私自身のもっと深いところで知っているという感覚がありました
しかも、オロさんと同じエネルギーなのでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

北海道は遅れている・地底の人たちの開放
北海道は遅れている。。。
これは夫のクライアントの方を通じて高次の存在から
伝えられた言葉です
暗闇のトンネル(自分を閉ざしている状態)に入っている人が
関東、関西と比べると多いと言うのでしょうか。。。

当然、人々が住む場所のエネルギーによって違ってきます
どんなに素晴らしい自然があっても
エネルギーが枯渇していれば
そこに住んでいる人にも影響がでるのは当たり前なのですが
さすがにこれを聞いたときにはギョギョッとしました

今回のことでも、それがよく分かりました
地底の人たちも自由にならないほどの強い力が
チャシには込められ、彼らは封印されていたわけですので
北海道という土地が自然からのエネルギーが遮断され
閉ざされていたことになります
これでは、人々の覚醒が遅れてしまうのも仕方がありません

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体