光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
自分流のやり方でね
アルコールは闇のものだと分かっていても
お酒を飲んじゃう。。。
この様な人はきっと多いのでしょうね

そう言う私も、カフェオレが好きで、たまに飲みます
カフェインも牛乳も光のものではないと知っていながら。。
でも、我慢をすることが一番良くないということも知っています
そのうちに、飲みたくなくなる日が来るのだろうとも
思っているのです

“魂の器”とも言われる身体です
身体を大事にす るということは
自分自身を大事にするということですよね

光のものではないものを摂ることは
その大切な身体を汚すことと同じだということを
やっぱり知っておく必要があると思います

Y・Kさんとお会いしたのはつい先日のことです
ご自身が進むべき道についてご相談に来られたのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

「Yes」と「Go」
背筋がピシっと伸びて
内面でも1本筋が通っているような
凛とした佇まいをお持ちのK・I さんは
障がいを持つ子どもたちを
サポートするお仕事に就かれていました

その仕事は、とてもやりがいのある仕事だと
感じている一方で、それとは別に
最近やりたいことができたのだそうです
・・・それは音楽でした

けれども、本業の仕事が忙しく
好きなことをやる時間が持てない状態にある中
音楽が自分にとってどういう意味を持つのかを知りたい。。
ということで、私のセッションを受けてくださったのでした

実は、セッションの中では、最初から
「Yes」と「Go」 の二つの言葉が何度も響いていたのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

もう、エネルギーは取らせないぞ!
どうして人は自分のこととなると
評価が厳しくなってしまうのでしょうね
自分の良いところや素晴らしいところを数えるより
嫌なところを挙げる方が得意だという人の方が
圧倒的に多いのです
それほど、ありのままの自分を認めることが難しいのですね

・・その方も、人を癒す仕事をされている方でした
でも、何故だか、自分のことを「ヒーラー」とは言いたくない。。
ご自分で内観やヒーリング(自分に向けて)など
色々とやってはいるのだけれど
ここにきて、どうにも手詰まり感が出てきた。。
と、いうことでセッションのお申し込みをいただいたのでした
(以下、Y・Fさんとお呼びします)

お話しさせていただいているうちに
私はY・Fさんから、光のエネルギー(純粋さとか素直さ)が
滲み出ていることに気づきました

それをお伝えすると
「その様なものを持っていても何になるのかな・・・」
と、逆に戸惑っているような印象です
あれれ?なんで??
この時、私はY・Fさんの中にある闇を感じたのです
まるで、ひとりの人間の中で
光と闇がせめぎ合っているような感じでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

私は本当によく頑張ってきた!
まだまだ頑張りが足りない。。
まだまだ我慢が足りない。。
こんな風になってしまったのは自分のせいだ。。

人は自分のこととなると、どうして、こうも
厳しい評価になってしまうのでしょうね

本当は苦しいほど頑張っているのに
思うように結果が出なかったり
周りの評価が低かったりすると
自分のやってきたことに自信が持てなくなるし
誰かを責めるより自分を責める方が
簡単にできてしまうから、自分が悪いと思ってしまうのですよね

・・・これは自分を虐げる最たるものだと思うのです
気づかず、ずっと続けていけば
ストレスで体調を崩す人もいるでしょう

自分を大切にするとか、愛することがどういうことなのか
段々分からなくなってしまうのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

セラピストはみんな一度は通る道
地球や人間のために働きたいと思っている人は
世の中に沢山いるはずです
書店に行けばスピリチュアルな本は山ほど売られていますし
世界中でそういう活動をしている人が
増えているのも確かなことです

私のセッションに来てくださる方も
すでにセラピストとして活動されている方も
これから始めようとしている方も増えているように感じます

そう、A・Tさんもそうでした
お話を伺うと、ワークショップでヒーリングをしながら
精神世界のことも前向きに探求されているご様子でした

・・・が、しかし
ここに来て、何かうまくいかない。。
お客さんも思うように来ない。。。
だから、この先のことを、どうするのか
そろそろ決断しなければいけないのではないか??
と、言うことで私のセッションに来られたのでした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体