光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
闇の過去生の統合・ジャッジ
その時、その瞬間。。
私はアイルランドでの過去生を思い出し
そこから逃れたくて、部屋から出て行きたい衝動に駆られました

誰もが見て分かる証拠や根拠がない世界において
サイキックな力があった場合
そういう危険が隣り合わせにあります

目に見えない世界のことを感じて捉え
それを言葉にして外側に伝えることが
周りに々な影響を与えるからです

私の場合(特にアイルランドのドルイド時代)
私の言葉で人の命が奪われることもありました
当然、憎まれましたし恨まれもしました

その日も、その時と同じ様な場面になったのです
(時代が違いますので命どうこうはありません)
ですが、私は命を奪われた肉親の悲しみや
恨まれた苦しみをあらためて思い出し
その場から逃げ出したくなったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

口を塞がれる恐怖。。。
歯医者が好きな人など
果たして、この世にいるのだろうか?

私は小さい頃、虫歯だらけで歯医者には随分通いました
もう、本当にウンザリするほど治療を受けました
なので、歯磨きに目覚めた頃から
歯医者に通いたくないばっかりに一生懸命歯磨きをしました

でもね~
現実は大事な乳歯が良くなかったために
歯並びが最悪で磨き残し等もあって
(オマケに甘いもの好きだから)
結局歯医者さんとは縁が切れませんでした
(最近は随分改善されたのですけれど)

それで、先日、ついに決心をして
約2年ぶり位に検診がてら行ってきましたよ~
クリーニングでさえビビる自分・・・トホホ(;_;)

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

魔女の姉妹・封印を解く鍵「あなたのまことを通しなさい」
その森はいつも霧が立ち込めていて
村人さえも行き着くことの難しい館がありました
姉と二人暮らしの私。。。
料理が好きで、お菓子なども作りました
時には、世にも恐ろしいものを入れたりして
(それがまた美味しくなる秘訣)
双子のように暮らしていたのです
生計は、薬を売ったり、村人の困りごとの相談に乗ったり。。
そう、私たちは仲の良い
それなりに力のある魔女だったのです

これは、出張セッションをしていた私に見えたビジョンでした
クライアントの方はお姉ちゃんです

秘儀や魔法は充分に知っているはずでした
今世、それを思い出して
光のことをすることが魂の目的でしたが
あることがあって、その力を自らが封印したのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

おでこに六芒星
三角形がふたつ合わされた形を
六芒星と呼んでいることを皆さんもご存知でしょう
ユダヤ人の国であるイスラエルの国旗には
ダビデの星と呼ばれる青色の六芒星が描かれていますし
日本でも、同様の「籠目」という文様があり
神社でも様々な伝説が語り継がれています

過去生についての記事を書いているときに
思い出したことがあるのです
エジプト時代の自分について書いた記事には
実は続きがありまして。。。
太陽神ラーの許しと浄化
(よかったらお読みください)

太陽神のラーは「忘れるな」の言葉とともに
私のおでこに六芒星を刻んだのでした
この出来事は、後に
大変重要な意味を持っていることに気が付いたのです
気づくまで一年以上の月日が必要でした・・はははは

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

癒しのギター・ドルイドの末裔
高次の存在やマスター、その他の精霊
或いは古(いにしえ)の神さまの名前を
たまにPCで検索することがあります
すると、その名前を付けられたキャラクターが
ゲームの中で沢山登場していることが分かりました
私はゲームをしないので大変驚いたのですが。。。
「ドルイド」もそうです

私は自分が古代アイルランドで
ドルイドだった過去生を持っていることもあり
それなりの誇りも持っていたので
ゲームで使われていることに
勝手ながら、何か軽く扱われているようにも感じ
違和感を持ったことも事実なのです。。

ドルイドはケルト民族の中で自然信仰を行った神官で
別名「樫の木の賢者」とも呼ばれています
彼らの仕事は多岐に渡っていて
自然学者であり、天文学者であり、魔術師であり
医者でもありました
今日は、そんなドルイドに関わる音楽のお話です

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体