光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
思い出の赤い岩山・セドナ
セドナに夫と共に訪れたのは、ちょうど3年前になります
何故だか、最近その時のことを色々思い出しています

セドナと言えば赤い岩山・レッド・ロックを
思い浮かべる方も多いでしょう
レッド・ロックはそれぞれに名前がついていて
宇宙を感じさせる不思議なエネルギーで溢れ
その中でも、特に力の強いレッド・ロックを
ヴォルテックスと呼んでいるのです

ヴォルテックスはラテン語で「渦巻き」という意味ですが
広いアリゾナの大地に、このヴォルテックスが
いくつも点在している光景に圧倒されました

また、セドナはインディアンの人々にとって
聖地と言われている場所でもあります
虐殺された悲惨な歴史を持ちながら
彼らが生きていくために商売や見世物をして
白人に迎合しつつも、どこかで誇りも持っていて
なんだか私は複雑でした

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

セラピストのワンダさんから(セドナ)
先日、旅したセドナ(アメリカ・アリゾナ州)は
精神世界を生きる人たちにとって聖地と言われている所です
実際に行ってみて間違いなくポータルだと感じました
ポータルとはエネルギーの出入り口とも
異次元との出入り口とも言われています

当然、セドナには、ものすごい数のセラピストがいます
ホテルのロビーには各セラピストたちの
パンフレットがズラッと並んでいて
旅行者がすぐ予約できるようになっていました
(まぁ予想はしていましたが想像以上でした

私はワンダさんというセラピストのセッションを
事前に予約していました
ワンダさんは地元では、かなり有名な方で
ツインソウルのYさんも、以前受けたことがあり
信頼できると感じたからです

そして私はワンダさんのセッションで
最初に言われたことが
自分にとって実にハードルの高いものだったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

エアポートメサでの瞑想(セドナ)
旅に慣れていない私にとって
セドナまでの道のりは正直長かった
成田からサンフランシスコまで約10時間
(帰りは12時間)
サンフランシスコからフェニックスまで約2時間
フェニックスからセドナまで車で2時間半・・・

ドラえもんのどこでもドアがあったらな~と
マジメに思いました

それでも
雄大なセドナのレッド・ロックを目の前にすると
疲れもすっ飛び
「来て良かった!」と思うのだけれど・・

セドナには有名なヴォルテックスが4つあり
それを四大ヴォルテックスと呼んでいます

キャセドラルロック、ベルロック
エアポートメサ、ボイントンキャニオンの4ヶ所です

中でも、私が一番印象に残っているのは
セドナのほぼ中央に位置するエアポートメサです

テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

ネイティブの魂(セドナ)
セドナはネイティブアメリカンの
伝承の地と言われています

ネイティブアメリカンの生き方は
人間を自然の一部ととらえ
その創造物である
空(太陽)は「父」
大地は「母」
月は「祖母」、四つ足の「人々」
そして木や植物はブラザー、シスターと呼び
私たちと存在するすべてと繋がりをもち
感謝と共に調和して生きること

偉大なる精霊と霊的な存在に
大いなる敬意を払うというものです

私はこのネイティブアメリカンの教えに何故か惹かれ
ざわざわと魂が揺さぶられる思いがしました

そしてセドナで過ごす二日目の夜に
瞑想で告げられたことが
今回、セドナに来た意味のひとつだと分かったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

ヴォルテックスのエナジー(セドナ) 
セドナの独特な地形を成す
赤い岩山、レッド・ロックは
それぞれ名前が付けられていて
その中でも特にパワーが強いスポットが
「ヴォルテックス」と呼ばれます

「ヴォルテックス」とは
ラテン語で渦巻きという意味です
確かに、大地から宇宙へ
そして宇宙から大地へと
強いエネルギーが渦巻きのように流れているのを感じました

レッド・ロックは、その昔セドナが海の底にあったため
地層がはっきりと現れています
水晶のクラスターを思わせるような岩たちが
宇宙に向かって何かを発信しているようにも感じます

私たちはセドナに滞在中、毎日のように
代表的なヴォルテックスをハイキングしました
そして、それぞれのレッド・ロックによって
流れるエネルギーが違うことも分かったのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体