FC2ブログ
光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
パートナーと出会うまで
以前は、ツインの魂を持った人たちが出会い
パートナーとして共に生きることは
とてつもない奇跡だと言われていました

でも、今、時代は変わりつつあります
本物の相手に出会いたいと純粋に願えば
きっと叶うと感じています

さて、前回の続きになりますが
出会う前の、この大切な期間に
是非取り組んで欲しいことがあるのです

それは「相手に求める質を、自らが示すこと」です
セッションの中でも何度も伝えられるメッセージです

パートナーは自分を映し出す鏡とも言えます
自分を大切にしている人のパートナーは
自分を大切にできる人であり
逆に、そうでない人のパートナーは
自分を大切にできない人。。
ということになってしまうのです

自分と同じ魂の学びの段階にある人が
パートナーになるということなのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

パートナーに出会うこと
人生のパートナーについて、興味がない人は
あまりいないのではないでしょうか

ツインソウルという言葉が広く知られるようになったのは
いつぐらいだったでしょうね

本物の相手、魂の片割れ(ツインフレーム)等
色々表現はありますが
何だか、ロマンチックだし、憧れるというか
心が躍るというか。。
当時、私もそういう相手と出会って
共に人生を楽しみたいと切に願ったものです

以前、私はツインフレームについてこんなことを書きました

「長い転生のサイクルを完了し
すべてのカルマ(過去世から持ち越した宿題)を解消したあと
地球での最後の人生に共に転生するのが魂の片割れの二人」
・・・今から6年ほど前のことです

そこから今日に至る間、少しづつではありますが
私なりに魂を成長させることができました
なので、捉え方も、この時から少し変わりました

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

学び合い、支え合う
夫婦の形は色々あると思いますが。。。
夫と私は本当に面白いと思うのです

お互いにとって縁の深い星、過去生、役割
今世の育った環境や経験が育んだベースとなる人生観
食べ物の好み、興味のあるものなど
何一つ、重なり被る所がないのです

だから、当初は喧嘩も多かったです
寝ないで言い合うこともありました
(今も極たまにある

どうしてこうなっているのだろう?

答えは、案外簡単でした
自分の世界を広くするため。。です

自分の知らない経験値を持つ人との日常で
相手を受け入れ、許し、ときに共感し、ときに本気で怒る
すべて自分が成長するためのものなのですよね

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

本物のパートナーとの人生
「ひとりで生きていけるふたりが、
 それでも一緒にいるのが夫婦だと思う」

これは、あのティファニーの広告コピーです
私はこの短い言葉の中に
人と人が寄り添いパートナーとして生きていく上で
大切なメッセージが込められていると思いました

ひとりで生きていくことができない人が
どうして誰かと一緒なら生きていけるのでしょうか
そこには、危うさがあります

突き詰めるなら
「依存」という闇が待っているようにも感じてしまうのです
「幸せになりたい」
これは純粋ですが
「幸せにしてね」は、やはり違いますよね

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

天使のラッパ(魂の伴侶との出会い)
もとはひとつの魂だったツインフレームは
魂の片割れとも表現されています

ツインフレームは
長い転生のサイクルを完了し
すべてのカルマ(過去世から持ち越した宿題)を解消したあと
地球での最後の人生に共に転生します

今日はそんなツインフレームである夫と
初めて出会った時のお話です

私はそれまでツインフレームと出会い
共に人生を生きることをずっと切望してきました
ですが、そのことに執着したため
本物の相手とはなかなか会えず
そのうち私自身が色々と疲れてしまい
私はその願いをきれいさっぱり諦めたのです

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体