光と愛の感謝日記 ~地球とあなたと私のために~
たったひとつの真実を札幌のヒーリングサロンからスピリチュアルカウンセラーhirokoがお伝えします
信仰の闇・マザーテレサ
『私がシスターや人々に神や神の仕事について口を開くとき
 その人たちに光と喜びと勇気をもたらすことを
 よく理解しています
 しかしその私は、光も喜びも勇気も何も得ていないのです
 内面はすべて闇で
 神から完全に切り離されているという感覚です』

これはマザーテレサが75歳のときに
アルバート・ヒュアートという神父へ宛てた手紙の中で
告白したものです

マザーテレサの活動に共感した人は世界中に沢山います
「神の愛の宣教者会」は世界123カ国に広がり
それに従事するシスターの数も
今現在、3900人以上とも言われているのです

私もまた、彼女のことを敬愛していたうちの一人です
マザーが生前色々な人に語っていた言葉に感動を覚え
多くの勇気と気づきを与えられていました
けれども、マザーの心の奥底には
こんなにも暗く冷たい闇が覆っていたとは。。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

愛を知らない、愛を忘れた・・
札幌はようやく春真っ盛りです
円山原始林のエネルギーは芽吹く喜びで溢れ
自然のスピリットたちにとって
春という季節は嬉しいものなのでしょう
コブシの花が咲いているのを見て
思わず「北国の春」を歌ってしまうほどでした
(古っ!

・・・つくづく、平和はありがたいと思います
そんな気持ちに浸れるのも平和だからこそですよね
もしも、自分の国が戦争に巻き込まれていたら・・
目の前に飢えて亡くなっていく人がいたら・・
とてもそんな気分にはなれません

マザーテレサも、生前には
平和や戦争のことについて随分言及していました
その中で「核爆弾」についての言葉を紹介したいと思います

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

『神の優しさの生きている表現でありなさい』
私たちの本質は善いものであると私は信じているのです
善いものとは愛であり光輝くものです
それは、神さまからどんな人にも等しく与えられ
どの様な表し方をするかはその人次第で
自由に決めることができるのものです

他者(自分も含めて)に対して
責めたり、批判したり、愛のない振る舞いをすることは
善いものの輝きを曇らせるだけです

自分の選択に温かさと思いやりを持つことで
自分のスピリットを気高く保つことができるのだと思います

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

今日できること(マザーテレサの日記から)
どうしようかと迷い
なかなか行動に移せないこともあるでしょう
先延ばしにしていることというのは
いつかは必ずやらなければいけないことだと
分かってはいるのです
ですが、それをやるのには
少しばかりの勇気と時間とお金がかかるので
やっぱり先に延ばしてしまうのです

向き合うべきことに向き合うということは
生きている限り、誰にでも起こり、続きます
学びや成長を促される機会だからです

それは、誰かの為にやる何かかもしれませんし
自分の信念を貫く為にやる何かかもしれません

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

許すこと・愛すること(マザーテレサの日記から)
「許す」ということは私たちにとって
大きな癒しをもたらします
憎しみからは何も生まれない・・
このことは誰もが知っていることです

怒りや憤りを抱く誰かや何かを許すことができたら
そこにはもう何もありません
あるのは心の安らぎだけです

国同士、同じ民族同士、仲間同士・・etc
争いが絶えない世の中ですが
私たち一人一人が誰かや何かを許すことができたら
家庭も、地域も、国も、世界も
きっと変わっていくと思うのです

テーマ:幸せに生きる - ジャンル:心と身体